2015年02月25日

「テスタメント(上)」ジョン・グリシャム

110億ドルの遺産は、誰が手にするのか。
アル中弁護士が相続人を探しに南米へ飛ぶ。

 

110億ドルの遺産を残して、全米10位の大富豪トロイが自殺した。
死の直前、彼がサインした遺言書に指定されていたのは、レイチェル。

トロイは3回結婚し、離婚した。
子どもは何人もいるが生活は荒れ、遺産を受け取らせることができない。

私生児として育てられたレイチェル。
彼女はアマゾン奥地に宣教師として派遣されていた。

遺言の管理を託された弁護士は、アル中で施設に入れられていたネイトを現地に派遣した。
相続に必要な書類を持たせて。

医療過誤事件を担当していたネイト。
アルコールにより、2回の結婚は破綻した。

***** **** ***** ****

上巻でレイチェルが登場した。
パンタナール大湿原は広い。このあたりはご都合主義か。

彼女が書類にサインするわけがない。
まだ、波乱が続くのだろう。

翻訳は、S・キングで知られる白石朗。
無難な翻訳なのだろう。読みにくいということはなかった。

今後、どう展開するのか。
というわけで、下巻に続く

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペーパームーン(Paper Moon)

73年の古い白黒映画。
テータム・オニールが史上最年少(10歳)でアカデミー賞を受賞した。

 

 

 

忘れたくない、いい映画。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 15:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

西川農相、「政治とカネ」で辞任

西川農相が辞任。またも「政治とカネ」だ。
首相の任命責任は重い。

 

西川農相辞任:「農政へ影響ない」農水省、不安解消に躍起(毎日新聞)

以前、女性大臣が連続して辞任した
その際、大臣候補の「身体検査」が甘いと指摘された。

あの時の教訓が生きてない。
まったく学習能力がないな。自民党は。

西川氏は報道批判している。
まったく反省してないね、この方。

西川農相が報道批判 「説明しても分からない人は分からない」(東京新聞)

以下のように述べた。

「いくら説明しても分からない人は分からない」
(上記東京新聞の記事から引用)

でも、民主党も「ブーメラン政党」なので、この辞任を叩けない?
どちらにしろ、これが日本における政治家のレベルなのだろう。

後任は、前農相の林芳正氏。
何度も書くけど、認証式を行う天皇は忙しい。
右翼は、こうした状況をどうして批判しないんだろう。

今や、閣僚の辞任がニュースとして価値がなくなっている。
サッカー日本代表監督、そしてNHK会長。ふさわしい人を選ぼうよ。

指導者の人選は計画的に

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

「不毛地帯5」山崎豊子

山崎の力作も、ついに結末を迎える。
石油採掘、そして自動車メーカーの提携話はどうなったのか。

 

イランの石油開発事業は、壱岐にとって最後の大仕事。
苦戦しつつも近畿商事とオリオンが落札。

キーマンは、国王専属のドクターだった。
インドネシアの架橋、黄の第二夫人、紅子から元王妃に。
そしてドクターというルートがつながる。

日本の公社グループは選ばれなかった。
石油公社総裁は更迭される。

だが、油井を4つ掘っても石油は出ない。
コストばかりが増え、近畿内部でも批判が高まる。

危機に陥った採掘。
壱岐は、イラン国王から日本政府に圧力をかける作戦に出る。

これが最後と5つ目の油井に賭ける。
兵頭が見つめる中、ついに石油は噴出す。

この知らせを聞いた壱岐は、里井副社長を社外に出すよう大門に進言する。
子会社の社長になった里井。

大門は棉相場で大損する。
担当部長は精神を病み、壱岐の忠告も聞かない。

辞表を持って、大門に退陣を求める壱岐。
大門は激怒するが、壱岐の思いが通じて相談役に退く。

多くの日本兵が眠るシベリアに向かう壱岐。
空港で鮫島と会うが、千代田自動車の提携が報道される。

**** ***** **** *****

長かった。でも読んでよかった。
これは、そんな作品だ。

石油が出ること、壱岐が退社することは読めていた。
シベリア抑留の会を谷川に代わって行うのも予想通り。

だが、里井は狭心症で死ぬと思っていた。
本社に戻る道を大門に打診されながら辞退するとは意外。

山崎は大学卒業後、毎日新聞社に入る。
上司はあの井上靖。

山崎豊子という作家が亡くなっても、作品は生き続ける。
戦争を語り継ぐという意味でも、彼女の作品は必要だ。

この作品を書くのに、どれだけ取材が必要だったか。
それを考えると頭が下がる。

この作品の後、続けて「運命の人」を読もうかと思っていた。
しかし山崎の作品は読むのにエネルギーが必要。
どうするか考えねば。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムーブメントの起こし方(TED デレク・シヴァーズ)

第一線で活躍する人が話すTED。
この動画は短いが役に立つ。

 

分野としては、社会学になるのか。
それとも行動心理学か。未組織集団という点では社会学。
こうした行動を解析すると、デモの成り立ちなどを理解するのが容易になる。

「皆が人がリーダーになれは効率が悪いかも」というのは当たり前だが斬新。
フォロアーが大切という役割分担も大切。

「恥ずかしい」から「乗り遅れるな」への変化。
日本人は、「他の人がやっているから」ということが、とても重要。

***** **** ***** ****

もうひとつ、「やる気に関する驚きの科学」も紹介する。

 

このダニエル・ピンクという人。
アル・ゴア副大統領の首席スピーチライターを務めた実力者。

「動機とは何か」を科学するって、なかなか触れる機会がない。
こうした動画は新鮮だ。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

「不毛地帯4」山崎豊子

自動車メーカーの提携話と壱岐の専務昇格。
さらに、イランの油田開発事業が加わる。

 

千代田自動車と、米フォークの提携話。
副社長の里井は、壱岐に追われることで焦りを感じていた。

この巻では、イランの油田で入札が行われる。
壱岐は日本の今後に向け、近畿商事が参加すべきだと主張。

プライベートでは、千里との関係が続く。
インドネシアへ開発の仕事で行っていた息子。
そして、鮫島の息子と結婚した娘が、千里の存在に気がつく。

さらにはアメリカで家政婦をしていたハルまでもが、壱岐に冷たい目を向ける。
この部分は、壱岐に同情する。

千代田の提携は、鮫島の暗躍で解消された。
里井はまたもや狭心症で倒れる。

イランの油田については、政治家も絡んで先が読めない。
外資の独立系、オリオンと組んでうまくいくのか。
公社のグループから抜けるのは、とてもリスクが大きい。

**** ***** **** *****

壱岐がソ連に抑留されていた間、妻の佳子は待ち続けた。
だからこそ、子どもたちは素直になれない。

しかし、壱岐も生身の男。
再婚を前向きに考えてもいいんじゃないか。老後のこともあるし。

というわけで、最終の5巻に続く。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学で「be動詞」「過去形」を教えるレベルの低さ

レベルが低い大学は、以前から問題視されていた。
だが、これ程とは思わなかった。

   目

講義は中学レベル、入試は「同意」で合格 文科省がダメ出しした“仰天大学”とは?(ニコニコニュース)

英語に「be動詞」や「過去形」とは恐れ入る。
こんな内容で、卒業すれば「学士」なの?

少子高齢化が進む中、大学が多すぎる。
認可する側も、反省が必要だ。

大学の認可は計画的に

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


ラベル:大学
posted by りゅうちゃんミストラル at 15:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

イラクで日本人、一時拘束「観光目的」

今月中旬、イラク北部で日本人男性がクルド自治政府に拘束された。
「観光目的」だったそうだ。

 

イラク北部で日本人男性、また一時拘束 「観光目的」(asahi.com)

シリアでの日本人人質殺害事件があったばかりでこの報道。
どうして日本人は学ぶことができないのだろうか。

クルド人自治区では、別の日本人男性が今月拘束されたばかり。
自殺志願者でもない限り、危険地域には行かないことだ。
家族だけでなく、政府にも迷惑がかかる。

渡航のリスクを考えよう!

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「踊るバイオリニスト」リンゼイ・スターリング

前からYouTubeで話題になっていた人。

 

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 15:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

「不毛地帯3」山崎豊子

この巻は、近畿商事の内部改革と自動車会社提携。
壱岐は、どう乗り切るのか。

 

壱岐は近畿商事の3ヵ年計画案を出す。
繊維関連の人材を200人、他の部門に回すというもの。

だが、社内は反発の声が大きい。
元々、近畿商事は繊維商社だったことも反発の原因。

しかも、繊維は儲けを出している部門。
副社長の里居は、この案に反対する。

もうひとつの大きな流れは、千代田自動車の提携話。
国内三位のメーカーだが、新車販売に失敗。

提携先はアメリカのビッグ3か、国内か。
近畿商事は千代田の海外代理店のため、 この話に加わる。

フォークとの提携に向け、アメリカで会議が開かれることに。
ニューヨーク近畿商事の社長となった壱岐。
副社長の里井が、狭心症で倒れる。

**** ***** **** *****

壱岐の妻、佳子の事故死。
そしてニューヨークに渡った壱岐。アメリカで千里と結ばれる。

次の社長候補として病気になっていることを隠したい里井。
壱岐に「追われる焦り」が出ている。

死なないうちに、引退すればいいのに。
それほど社長になりたいのか。

鮫島の息子、倫敦と結婚した壱岐の娘。
結婚式にも出ない鮫島は心が狭い。孫に会いたくないのか。

提携話の結果と、里井の健康問題。
第4巻で、どうなるのか。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする