2015年03月25日

「遠い山なみの光」カズオ・イシグロ

長崎に住んでいたことを思い出す主人公。
ブッカー賞受賞作家の長編デビュー作。

 

原題はA Pale View of Hills(「女たちの遠い夏」を改題)。
イシグロの作品は「日の名残り」「私を離さないで」以来。
この作品を読めば、「日の名残り」のプロトタイプであることが分かる。

主人公は現在イギリスに住む悦子。
長女の景子は首を吊って自殺した。
悦子は長崎に住んでいた頃を思い出す。

長い回想が始まるが、景子のことはほとんど出てこない。
代わりに佐知子とその娘の万里子の話が続く。

その頃、悦子は妊娠3ヶ月から4ヶ月だった。
みすぼらしい家に住む佐知子。そして学校に通わない万里子と出会う。

佐知子はアメリカ人のフランクと共に、日本から出るということを考えていた。
しかしフランクはかなりいい加減で、佐知子の金を使い込んだりする。

***** **** ***** ****

長い回想という点で、「日の名残り」を思い出す作品。
回想の上手さという点で、イシグロは際立っている。
逆に言えば、回想こそイシグロの生命線。

悦子と佐知子は、互いにもうひとりの自分。
景子と万里子も同じ。結局悦子も日本を出てイギリスに住むのだから。

敗戦と同時に時代は大きく変わった。
夫の父、緒方は元校長で頭を切り替えることができない。

この点日英の読者は、解釈にどんな違いがあるのか。
とても興味深い。

翻訳は小野寺健。
訳者あとがきでイシグロ作品の世界を「薄明」と表現している。

解説は池澤夏樹。「日本的心性からの開放」というテーマで語っている。
作品に出てくる会話が英語で書かれていること。

自分を消しているのがイシグロの作風であると述べている。
司馬遼太郎が、作品中にしばしば大演説を行うことと比較。

しかし、司馬の場合は時代背景や心情を述べており、この比較は司馬に不利。
読者に受け入れられている点を考えれば、私は司馬を弁護したくもなる。

「日本人には本能的な自殺願望がある」(P9より引用)という点。
これは、果たして偏見や誤解なのだろうか。

ずいぶん長い間、日本では年間3万人の自殺者を出していた。
このことを考えれば、日本側として反論しにくい。

***********************
関連記事

カズオ・イシグロの「遠い山なみの光」を読んだ!  

「遠い山なみの光」 カズオイシグロ を読んで

カズオ・イシグロ著 『遠い山なみの光』 早川書房

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック