2015年03月15日

「旅はタイにはじまりタイに終わる」吉田友和

アジア5カ国を巡る旅。
陸路での国境越えなど、リピーターにも楽しめる内容。

 
 ↑チェンマイはこんな感じ

まずは冷房で寒い香港へ。
ここは航空券の事情で立ち寄っただけ。

ここからが普通の旅行者とは大きく違う。
タイのサムイに向かう。

ガパオライス(バジル炒めライス)は美味しい。
タイ料理の中でも、カレーと並ぶ人気ぶり。

サムイから古都チェンマイへ。
名物のカオソーイは、私も食べたことがある。
上に揚げた麺が乗せてあるのが特徴。

その後ベトナム、カンボジアを巡る。
エアラインパスを使っているので、こうした廻り方をする人は少ないはず。

***** **** ***** ****

ネットの登場で、海外旅行は大きく変わった。
ただ、著者も書いているように旅がせわしなくなっているのも事実。

かつて使い道が問われたODA。
この本でも描かれているように、ラオスに行けば一目瞭然。
私もODAのステッカーが貼られたバスに乗ったことがある。

各国を軽く描いている旅行記。
この「軽さ」がいいと言う人もいるはず。

この本については、地図を掲載したほうがよかったのではないか。
簡単なものでも、地図があると旅を想像するのが楽だ。

この作者の本は初めとて読む。
今まで世界一周やユーレイルバスの旅など本にしているという。
今度図書館で探してみよう。

追記

旅の途中、鳥を売っている場面がある。
これは鳥の販売じゃなくて「籠の鳥を放つ」ことで徳を積む「タンブン」ではないか。
タイに詳しい著者が知らないわけないので、本当に売っていただけかもしれないが。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック