2015年02月19日

夫婦別姓と再婚禁止期間、最高裁で憲法判断

夫婦別姓は認められるか。再婚禁止期間は憲法違反か。
最高裁で初めて判断されることになった。

 

最高裁大法廷:民法の夫婦同姓、再婚禁止期間…憲法判断へ(毎日新聞)

男女同権が主張される社会にあって、夫婦別姓は当然求められる。
また、女性だけが6ヶ月間再婚できないのも、おかしなことだ。

再婚禁止なのは、父親と子どもの関係が争われるのを防ぐためと言われる。
しかし、現在はDNA鑑定の技術も進んでいる。この理由は説得力がない。

この再婚禁止条項は、生まれてきた子どもが無戸籍になる背景ともなっている。
「300日ルール」とともに、女性にとっては不条理な条文と言える。

15人の裁判官がいる最高裁大法廷。
どのような判断がされるのか、注目したい。

民法が変わる突破口となるか?

***********************
関連記事

夫婦別姓、再婚禁止期間について初の憲法判断

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413613149
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。