2015年02月27日

「テスタメント(下)」ジョン・グリシャム

レイチェルはネイトの持ってきた書類にサインを拒否。
パンタナール大湿原を離れたネイトはデング熱にかかる。

 

高熱を出したネイトは、病院に運ばれた。
医師の診断はデング熱。

手当てにより、回復に向かう。
勝手に病院を抜け出したネイト。再び高熱に倒れる。

その後、回復したネイトはアメリカに戻る。
トロイの愚かな子どもたちが、裁判所に訴えていた。

遺言書を管理する敏腕弁護士のスタフォード。
レイチェルがネイトを代理人にしたことで、騒動を解決しようと画策。
莫大な財産を、愚かな人間たちに渡さないために。

数々の医療訴訟に勝ってきたたネイトは、トロイの息子たちや使用人を質問で粉砕。
このあたりは作者の得意とするところ。

しかし、レイチェルを欠くことは大きな問題だった。
レイチェルのサインを求めに、パンタナールに戻るネイト。
以前とは何か様子が違う。そこで彼が見たものは。

**** ***** **** *****

途中まで読んで、「カタルシスが足りない」と私は感じていた。
私の予想した内容は、レイチェルがアメリカに帰国するというもの。

財団の事務を、ネイトに託す。そしてブラジルに帰る。
私の予想は大きく外れた。

残り50ページを読み、「この作家、やるな!」と感心した。
売れている作家の作品には読者に受け入れられる理由が何かある。

いい小説とは何か。いろんな考え方がある。
この作品で言うなら、「この後、登場人物はどうなるのか?」という点を読者に考えさせる。
フィクションにもかかわらず。

レイチェルは死んだ。
しかし彼女の想いはネイトが継承する。

ネイトは生涯レイチェルを忘れることはない。
アルコール抜きの生活で財団を運営できるだろう。
もちろんジェヴィを雇って。

もうひとつ、この世に「リアル・レイチェル」は何千人も存在する。
彼女たちが滅亡しない限り、神はこの世を滅ぼさない。
そう考えれば、この作品は現代の神話と言える。

もともとトロイが財団を作り、レイチェルを支援すれば話は簡単だった。
しかし、それではアル中の弁護士ネイトは救われない。

物語にも苦労して現地に向かう使者が必要なのだ。
読み終わった今、そのことを強く思う。

タイトルのテスタメンとは遺言の意味。
もうひとつの意味は、聖書。

翻訳者は、キリスト教的世界観が、日本人に受け入れられるか気になったはず。
この作品の内容は普遍的で宗教を超越している。

この作家、読むに値するものを持っている。
今後も作品を読む価値はあると判断した。

***********************
関連記事

ジョン・グリシャム 『テスタメント』

「テスタメント」ジョン・グリシャム著 主の導き

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:21| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412778107
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック