2015年02月03日

「ゼラニウムの庭」大島真寿美

祖母が語る昔話。自分の一族に不思議なことが起きていた。
大島エッセンスいっぱいの作品。

 黄色い花 黄色と白

大島といえば、「ピエタ」を思い出す。
2012年本屋大賞で3位となり、多くのファンを得た。
この作品も、独特の世界を描いている。

るみ子は祖母豊世の葬儀で、嘉栄と会う。
嘉栄はナゾのおばさん。
るる(るみ子)とどういったつながりがあるか、よくわからない。
そもそも彼女の話自体が家庭や親戚筋で出てこない。

実は祖母の豊世と双子だった。
だが、何故か成長がとても遅い。

そのため、家から出さずに育てられた。
学校にも行かず、家庭内教育を受ける。
るるは祖母から聞いた話を記録する。

***** **** ***** ****

SFといえばSF。しかし内容はSFでない。
大島版「女性年代記」といったところか。
後半出てくる、料理担当の深澤さんの話まで女性の物語が続く。

嘉栄は「銀河鉄道999」のメーテルを思い出す。
多くの人が不老不死を望むが、現実はそう幸福でない。

私はどう終わらせるのか気になっていた。
るるの記録に「嘉栄附記」が加わる。その内容は、かなりドロドロ。

以下の記述が印象に残る。

わたしの書くものについて、独特の空気、特異な空気が流れていると好んでくれた方が何人かいた
(P215−6より引用)

上記の記述は、るるというより大島自身の作風を示している。
だからこそ、この作家には多くのファンがいる。

もしかしたら、「リアル嘉栄」は日本に何人も存在しているのかもしれない。
それは、以前話題になった「所在不明の老人」の中なのか。

***********************
関連記事

大島真寿美「ゼラニウムの庭」  

『ゼラニウムの庭』 大島真寿美

「ゼラニウムの庭」大島真寿美

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 15:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412555424
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。