2015年01月25日

「快挙」白石一文

「ほかならぬ人へ」で直木賞作家となった白石。
今度は作家と夫婦を描く。

 

主人公は山裏俊彦。
写真家を目指していたが、新人賞を受賞してから伸びない。

カメラ片手に路地裏を歩いていた時、みすみと出会う。
二人はその後、結婚する。

その後、小説家を目指す俊彦。
阪神淡路大震災で実家の酒屋が大打撃を受けた妻と神戸へ。

これからという時に、俊彦は結核に倒れる。
長い療養生活が始まった。

退院した後、二人は東京に戻り俊彦はフリーライターとなる。
雑誌の企画「闇の決算書」が当たった。
彼にとっての快挙とは何なのだろう。

***** **** ***** ****

震災や酒鬼薔薇事件、和歌山カレー事件などが出てくる。
その間、妻の不倫や乳ガン、家族との関係などが描かれている。

家族の不倫を知りつつ黙っている人には、共感できる内容かもしれない。
そうでなくとも、人生何かと秘密にしておくことが多いもの。
心の中の魔物には気をつけよう。

タイトルの「快挙」は、主人公が書いた小説の題名。
二つの作品タイトルが「快挙」だった。

淡々と描くのがこの作家の特徴なのか。
正直、私には物足りない。
ページが増えてもじっくりと描くべきではないか。

***********************
関連記事

『快挙』白石一文  

【快挙】(白石一文)を読了!

人生の快挙とは一体何だろう?『快挙』白石一文

『快挙』 白石 一文著 新潮社

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


ラベル:白石一文 快挙
posted by りゅうちゃんミストラル at 16:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【快挙】(白石一文)を読了!
Excerpt: 結婚に愛は存在するのか!?   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 あの日、月島の路地裏であなたを見つけた。これこそが私の人生の快挙。しかし、それほど..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2015-01-25 20:07

『快挙』白石一文
Excerpt: 付き合うとか付き合ってくれとか言うけれど、「付き合う」ってどういうことなのだろうか。 その人のことが好きで(好きの定義は…)その人も自分のことが好きで、お互いにそれを確認済みの状態のことを指す。 ..
Weblog: 頭の中は魑魅魍魎
Tracked: 2015-01-26 17:44