2015年01月22日

「疾風ロンド」東野圭吾

雪山に埋められた炭素菌。
温度が上昇する春には、外に漏れ出してしまう。

 

大学の研究室から盗み出された炭素菌。
クビになった元研究員が雪山に埋めた。

しかしその元研究員は高速道路で事故死。
残された写真を元に、スキー場での捜索が始まった。
写真以外の手がかりは、発信器とテディ・ベアだけ。

ガラスケースを探すのは、研究者の栗林和幸。
中学生でスノーボードに夢中の息子とともに、スキー場へ向かう。

研究所所長の東郷に命令された和幸。
警察には本当のことを話せない。

***** **** ***** ****

軽い。とても軽い作品。
正直、「流行作家のやっつけ仕事」。
パトロール隊員、根津は「白銀ジャック」でも千晶とともに出てきた。

病原菌が盗まれるという設定は、「復活の日」(小松左京)と同じ。
「復活の日」はMM−88だったが、今度はK−55。これってシャレ?

この手のノンストップアクションは、過去いくつか出ている。
例えば「おやすみ、テディ・ベア」(赤川次郎)。

テディ・ベアの中には爆弾が入っていたが、今度は炭素菌。
しかも、本作品でもテディ・ベアが重要なカギになっている。

「ドミノ」(恩田陸)もそうだ。
この三作品で比較するなら、「おやすみ、テディ・ベア」が一番面白かった。

飛行機や長距離の列車内で読むには、こうした作品がいいのかもしれない。
だが、東野は国民的作家。こんな作品を出していたのでは読者に飽きられてしまう。

***********************
関連記事

『疾風ロンド』東野圭吾  

東野圭吾「疾風ロンド」

東野圭吾「疾風ロンド」のネタバレ解説

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック