2015年01月07日

「プリズム」貫井徳郎

女性小学校教師殺害事件。
4人の素人が推理する。ネタバレあり。

 

貫井といえば「灰色の虹」や「慟哭」「乱反射」で知られる。
これは問題作といえる。

自宅で若い教師が死んでいた。
死因はアンティーク時計による殴打。

彼女の家には、睡眠薬入りのチョコが送られていた。
さらに、進入目的なのか現場の窓ガラスが割られていた。

<scene1>

亡くなった山浦の教え子、小宮山。しっかり者の女子、山名と事件について考える。
チョコに睡眠薬を入れることができたのは誰か。

小宮山たちは、山浦が住んでいたアパートの大家に会いに行く。
そして南条が怪しいと考える。

<scene2>

山浦の同僚、桜井が事件を追う。
かつて山浦とつきあっていた男が怪しいと考える。

もし医師なら、チューブを使ってチョコに睡眠薬を入れることができる。
桜井が導き出した答えは何か。

<scene3>

医師で、山浦に振り回されていた井筒。
別の視点で事件を考える。

桜井が考えるように、医師であればチューブを使って睡眠薬を入れることは可能だ、
しかし、井筒は眼科医なので無理。

山浦の日記を手に入れた井筒は、彼女が不倫していた相手が誰なのか考察。
そして、日記の日付が改ざんされていることを見破る。

<scene4>

小宮山(父)は、山浦と不倫の関係だった。
父母を対象にした学校の説明会に出席した小宮山。
厳しい指摘を学校側にする。

南条が怪しいと、彼の自宅まで押しかける。
そして、南条を殴ってしまう。

**** ***** **** *****

山浦の評価が人によって大きく違うのが興味深い。
そこがこの作品のタイトルにも関係している。
彼女にかかわらず、誰もが多面的な評価を受けるもの。

この作品を読んでいてい出したのが「告白」(湊かなえ)。
そして「柔らかな頬」(桐野夏生)。
両作品を読んだ方なら、私の言いたいことが理解できるはず。

「毒入りチョコレート事件」(バークリー)のオマージュになっているという。
いつか読まなければ。

***********************
関連記事

【小説】プリズム/貫井 徳郎  

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 15:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410865292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

仮説は覆され、仮説は覆され、
Excerpt: 小説「プリズム」を読みました。 著者は 貫井 徳郎 小学校の女性教師が自宅で殺された事件 アンティーク時計、睡眠薬が混入された箱詰めのチョコレート、外された窓の鍵・・・ いかにもなミステリ状況の..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2015-03-03 17:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。