2014年12月29日

「あの日にドライブ」荻原浩

明日の記憶」で知られる作者。
元銀行員のタクシー運転手を描く。

   キティータクシー

主人公、牧村伸郎は元都市銀行のエリート。
課長までいったが、上司に対する言葉が原因で退職した。
妻はパートに出て、娘や息子の家族は生活費をまかなっている。

再就職の口はあったものの、プライドが高く断ってしまう。
公認会計士の試験を受けるものの、一次で落ちる。

広告で見たタクシー運転士に応募する。
時間があると思っていた勤務だったが、とてもではないが厳しい現実が待っていた。

24時間勤務の上、売り上げノルマが厳しい。
円形脱毛症まで出来てしまった。

そんな中、昔の彼女がどうしているか気になる伸郎。
彼女の実家がある桜上水に行き、離婚した彼女を見つける。

**** ***** **** *****

誰しも、「あの時、ああしていれば」という分岐点があるもの。
人間の妄想というものは限りない。しかし現実は甘くはない。

アンソロジーで、タクシー運転手を主人公にした一冊が出せないものか。
企画としては「あり」だと思ううのだが、どうだろう。
重松清とか、いい短編を書きそうだけど。

カラオケを搭載したタクシーで、泣いた女性に歌唱指導される部分が笑える。
タクシーは、まさしく人生の縮図だ。
作者も楽しんで書いているんだろうという想像ができる作品。

***********************
関連記事

あの日にドライブ/荻原 浩

荻原浩 『あの日にドライブ』

あの日にドライブ | 荻原 浩  

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 12:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408379336
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック