2014年09月23日

「天然理科少年」長野まゆみ

山間部の村で起きた不思議な話。

 

主人公は中学2年生の岬。
作家の父親が放浪したがるせいで、日本各地を転々としている。

山間にある村に来た二人。
体の小さいことから「まめ彦」と呼ばれる少年、賢彦と知り合った。

彼は幻の湖で姿を消し、2年後に再び現れたという。
だが本人にとってはたった3日のことだった。

岬が転向したクラスには、リーダー格の北浦がいた。
北浦と賢彦の関係。岬が祖父に確認したことは何を意味しているのか。

***** **** ***** ****

アマゾンのページによると、この作品は岬の成長物語だという。
しかし、どこかSFを感じさせる。女性が描く男は、どこかサラサラしている。

***********************
関連記事

こんな世界に行きたい『天然理科少年』長野まゆみ

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405513790
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。