2014年09月21日

「おれのおばさん」佐川光晴

進学校に通う主人公の中学生。
しかし、父親の横領で児童養護施設での生活が始まった。

 
↑作品に出てきた北大キャンパス。いい環境だなあ

主人公は中学2年の高見陽介。
名門中学にいたが、銀行勤務の父親が3500万円を横領した。
その金で愛人にマンションを買ったという。

家は差し押さえられたので住めず北海道にいる母の姉、恵子を頼る。
陽介は彼女が運営している児童養護施設で生活することに。
この施設で陽介と仲がよくなったのが卓也。

転校した公立中学で、陽介は成績がトップに。
そのため他の生徒から恨まれてトラブルも起こる。

介護の仕事を住み込みでしていた母は過労と心労がたたって倒れてしまう。
父親は懲役5年の求刑だったが2年の判決が出る。
施設でも問題は多く、恵子は吐血し入院することに。

***** **** ***** ****

言いたいことがあるけど言えない。
恵子おばさんはそれが言えてしまう人物。

施設で生活するところや、鉄道のたびが出てくるのは「鉄童の旅」と同じ。
この作者、一筆書き乗車とかしたんだろうなあ。

後半、描写でなく説明になっている部分が増えて残念。
作者には力量があるように思えるのだが、どうしたもんだろう。
私自身は登場人物に感情移入できなかった。

この作品、続編が出ている。
陽介の恋はどうなるのか。おばさんの芝居はどんな展開を見せるのか。

この先を読むにしろ、優先順位は低い。
図書館で見かけたら読むというところか。

***********************
関連記事

『おれのおばさん』 佐川光晴 (集英社文庫)

『おれのおばさん』佐川光晴  

佐川光晴「おれのおばさん」

おれのおばさん

ボーイズ・ビー・アンビシャス〜『おれのおばさん』

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405357760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

佐川光晴「おれのおばさん」
Excerpt: 集英社2010年6月 第1刷発行2010年9月 第2刷発行187頁 「家族芝居」の数年後東京の有名私立中学に通うおれおれの生活は、父親が会社のお金の使い込みで逮捕されたことで一変する一人息子のお..
Weblog: 読書と映画とガーデニング
Tracked: 2014-09-22 08:21

『おれのおばさん』佐川光晴
Excerpt: 父親が顧客の金を使い込んで愛人に貢いだ。それがバレて逮捕、有罪になった。母親は3500万円を返すために、住み込みの介護の仕事を始めた。母の姉は札幌で児童養護施設、魴鮄舎を運営している。中二のぼくはそこ..
Weblog: 頭の中は魑魅魍魎
Tracked: 2014-09-24 13:16