2014年09月12日

ASKA被告、懲役3年執行猶予4年の判決

覚醒剤はや合成麻薬を使用したとして起訴されていたASKA(宮崎重明)。
12日、東京地裁は懲役3年執行猶予4年の判決を出した。

 

ASKA被告に懲役3年、執行猶予4年 東京地裁判決(日経新聞)

起訴内容を認め、初犯であることなどが考慮されたのだろう。
この判決は想定内。

問題は今後。
薬物事犯は再犯率が約50%と言われている。
彼が再び逮捕される確率が5割あるということだ。

刑務所に行くかどうかは今後の彼次第

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 16:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。