2014年09月20日

「世界から猫が消えたなら」川村元気

余命わずかだと宣告された男。世界から何かを消すことで1日だけ寿命が延びる。
2013年本屋大賞第8位。ネタばれあり。

 

主人公は郵便配達をしている男。
キャベツという名の猫と暮らしていた。

しかし頭痛と発熱で病院へ行ったところ、脳腫瘍と診断された。
余命宣告を受けた男の所に、アロハを着た悪魔が現れた。

何故か関西弁の悪魔は、男に提案をする。
それは、この世から何かを失うことで寿命を1日だけ延ばすというものだった。

電話、時計、そして猫のキャベツ。
男は寿命を延ばすためにどんな選択をするのか。

***** **** ***** ****

家族を描き、命について描かれているにしては粗くて軽い。
作者は映画製作者だそうで、この本を手にするまで私は彼の名前を知らなかった。
作品の中に映画の名ゼリフが多数出てくるのはそのためか。

テーマはいい。電話など、「得たことで失ったもの」を描くのもいい視点。
だが私は読んでいて主人公の男に感情移入できなかった。

この程度の作品が8位に入るとは、本屋大賞のレベルが分かる。
書店員のレベルもその程度なのだろう。本が売れないわけだ。

この本は図書館で借りて読むのが正解。
買って読む価値はない。その金は広島の洪水募金に使ったほうがいい。

正直、「旅猫リポート」(有川浩)のほうが何倍も優れている。
「猫鳴り」(沼田まほかる)もこの作品より出来はいい。

この作品、映画化が決まった。主演は佐藤健と宮崎あおい。
観たいような、観たくないような。たぶん観ないだろう。

***********************
関連記事

世界から猫が消えたなら/川村元気

川村元気著「世界から猫が消えたなら」

川村元気『世界から猫が消えたなら』の感想

「世界から猫が消えたなら」 川村元気著

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:45| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
原作を読んだ時、映画向きだと思いました。
映画化と聞いて納得ですが、私も観るか観ないか微妙なところです。
まだ先の話なのでどうなるかはわかりませんが。
トラバお願いします。
Posted by こに at 2014年09月22日 08:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405130489
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

川村元気「世界から猫が消えたなら」
Excerpt: マガジンハウス2012年10月 第1刷発行2013年8月 第17刷発行221頁 本屋さんの棚で見つけた1冊帯の謳い文句に騙されたか? 著者は映画プロデューサーとして『電車男』『告白..
Weblog: 読書と映画とガーデニング
Tracked: 2014-09-22 08:22