2014年09月18日

「鉄童の旅」佐川光晴

百合子が青函連絡船で会った少年は、記憶を失っていた。
列車の検査を担当するようになった彼が、自分の生い立ちを探る。ネタばれあり。

 

成長した少年は、列車の検査技師として活躍していた。
列車製造会社からJR西日本に移籍した。

5歳までの記憶のない彼は、茅ヶ崎の養護施設で育った。
定時制高校から工業大学の二部を卒業した。

「列車の友」という雑誌を読んでいた彼。
テープ起こしなど手伝い、編集部ともつながりがあった。

妻は妊娠し、もうすぐ父親になる主人公。彼にはどんな過去があったのか。
「列車の友」編集部に送られてきたテープにその答えがあった。

***** **** ***** ****

タイトルだけ見ると、鉄道マニア向けなのかと思う。
しかし読み進めると、少年の生い立ちをめぐるドラマであることが分かる。

読者にどの情報をどこで提供するかという点。
作者が苦心したであろうということがよく理解できる。

東室蘭の駅で起きた最初の事故。
この事故で主人公の両親は亡くなった。

さらに、東海道線での2回目の事故。
少年だった主人公が再び記憶喪失になるのは出来過ぎている。

目が見えなくなるという点がないだけで、韓国ドラマ「冬のソナタ」みたいだ。
中央線のエピソードに出てくる高柳ユージは尾崎豊がモデルなんだろう。

この作家はこの作品の舞台となっている茅ヶ崎で育ち、北大を出ている。
大阪が出てくるのは何か縁があるからなのか。

恥ずかしながら、私は今まで名前すら知らなかった。
この他にどんな本を出しているのか調べてみる価値はありそうだ。
次に彼の作品を読むとしたら「おれのおばさん」になるのか。

JR西日本といえば思い出すのがJR福知山線脱線事故
死者107人という大事故だった。
主人公の男は、この事故をどう解釈したのか。ぜひ訊いてみたい。

国鉄からJR各社に分割され、車両は「より軽く」「より速く」が求められるようになった。
改札も自動化され、職員と利用者の触れ合いが減ったのは間違いない。

***********************
関連記事

『鉄童の旅』♪  

○「鉄童の旅」(佐川光晴)

鉄童の旅

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404973885
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。