2014年08月28日

STAP細胞は現在の日本に無い?

STAP細胞は日本に無いのか?
理化学研究所が検証実験についての中間報告を明らかにした。

 

STAP検証、万能性示す発光起きず 理研中間報告(日経新聞)

科学というのは手品(マジック)ではない。
公表された手順で、誰もが再現できることが求められる。

「リケジョの星」から「疑惑の女王」となった小保方晴子研究ユニットリーダー。
細胞を弱酸性溶液で刺激することにより、STAP細胞ができるとしていた。
脾臓細胞を使い、22回もの実験を試みてきたが成功しなかった。

小保方博士が主張する、「200回成功した」というのは何だったのか。
私にはさっぱり理解できない。

STAP細胞は幻だったのか?

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404488558
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。