2014年08月26日

自殺と原発事故の因果関係、東電に4900万円の支払い判決

福島第一原発の事故後に自殺した女性。
福島地裁は26日、東電に4900万円の支払いを命じた判決を出した。

 

原発事故後に自殺、東電に4900万円賠償命令(asahi.com)

自殺したのは50代の女性。
原発事故後、避難した後に焼身自殺した。

上記朝日の記事によると、不眠や体重の減少に悩んでいたという。
一時帰宅していた際、自宅の庭で焼身自殺した。

果たして東電は控訴するのだろうか。
はっきりと反省するという意味からも控訴すべきではない。
そのくらい、福島原発事故は多くの人に大きなものを失わせた。

この判決で思い出すのが、高市早苗(自民党政調会長)による暴言。
こういった内容だった。

「東京電力福島第一原発事故で死者が出ている状況ではない」
この記事から孫引き)

あの福島原発事故でどれだけ大きなものを失ったのか。
我々は再認識すべきだ。

焼身自殺した女性が哀れ

東電は控訴せず、判決に従うべきだ


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


タグ:原発
posted by りゅうちゃんミストラル at 16:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404378548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。