2014年08月31日

「使命と魂のリミット」東野圭吾

医療の現場を東野が描いたらこうなる。
私は素直に感動した作品。

 P1000147.JPG

主人公は帝都大学病院で研修医の夕紀。
ローテーションで今は心臓血管外科にいる。
彼女が医師を目指したのは、父健介が大動脈瘤で亡くなったため。

教授の西園は、かつて父の手術を執刀したその人だった。
そして、母親は西園との結婚を考えていた。

真瀬望は21歳の看護師。
恋人でエンジニアの譲治から、手術室の中を見せてほしいと頼まれる。
譲治はある計画を持っていた。

ある日、病院に脅迫状が届く。
果たしてこの病院に医療ミスはあったのか。
警視庁はスタンドプレーの目立つ七尾刑事を派遣した。

***** **** ***** ****

期待はしていなかったが、これほどまで感動できる作品とは思わなかった。
こんなことならもっと前に読んでおくべきだった。

父親の健介は何故警察を辞めたのか。
その父の死に西園はどう関わっていたのか。

譲治が島原を恨む場面は、「乱反射」(貫井徳郎)を思い出した。
人はどこで誰に憎まれるかわからないものだ。

確かに夕紀中心に物語が進む展開はご都合主義。
しかし、その部分を差し引いたとしてもよくできた作品に仕上がっている。

VIP患者島原の手術では、チーム一丸となって患者を守ろうとする。
その姿に私は打たれた。

照明が落ちれば看護師たちが懐中電灯を持って集まる。
冷やす必要があれば,氷や保冷財で冷やす。
逆に暖める場合はカイロを買ってきて使う。

以下の記述が記憶に深く残る。

「医師とは無力な存在なのだ。神ではないのだ。人間の命をコントロールすることなどできない。
できるのは自分の持っている能力をすべてぶつけることだけだ」

(ハードカバーP362−363より引用)

新たな分野に挑戦し続ける作家、東野。
今後も彼の描く物語を楽しみにしている。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404162536
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。