2014年09月13日

「検屍官」パトリシア・コーンウェル

女性検屍官が連続女性殺害事件を追う。原題「Postmortem」。
数々の賞に輝き、日本でも人気となった検屍官シリーズ第1巻。

 

主人公は40歳の検屍局長ケイ。
バージニア州リッチモンドで起きている女性殺害事件の捜査関係者。

この事件に関連して、検屍局では数々の問題が発生する。
まず、関係者以外手に入れることのできない情報が漏れる。

誰かが検屍局のデータベースに不法侵入しているのも見つかる。
さらに、被害者のデータラベルに関するミスも見つかる。

被害者にはキラキラ光る物質が付いていた。
後に、それが石けんであることが分かる。

私生活でも姪のルーシーと生活する上で何かと神経を使うケイ。
ルーシーの母で、妹の児童文学作家は何故かネバダで結婚するという。

ケイは、捜査員のマリーノや、上司のアンバージーとも人間関係がうまくいかない。
次の犯罪を阻止するため、ケイは罠を仕掛ける。
そんな彼女に犯人の手が伸びる・・・

***** **** ***** ****

多くの人がこの作品を読むのはよく理解できる。
デビュー作でこれだけ描ける作家はまずいない。

約500ページと長いが、推理小説を読み慣れている読者であれば難解ではない。
私はいろいろと考えながら3日かけて読んだ。

作者のコーンウェルは警察担当記者から検屍局のプログラマーに転進した経歴を持つ。
そうでもなければこの作品は描けないだろう。

このシリーズは次々と翻訳されているが、読むかどうかはわからない。
「何を読めばいいかわからない」時に読もうと思う。
ミステリーは嵌ると抜け出すのに大変だからね。

追記

あとがきに出ていたDNA鑑定による容疑者検挙。
これってどう考えても冤罪となった足利事件のこと。
ものすごい皮肉だ。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 15:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403674064
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック