2014年08月29日

「流れ星が消えないうちに」橋本紡

高校から付き合っていた恋人が海外で事故死した。
残された女性と友人の物語。

 

主人公は21歳の大学生、奈緒子。家族と離れ、一人暮らしをしている。
そんな彼女の所に、家出してきた父親がやって来た。

奈緒子には加地という恋人がいた。
しかし、彼は海外旅行中に起きたバス事故で亡くなる。

今、奈緒子は加地の友人である巧が恋人。
奈緒子と巧は加地の思い出を引きずっていた。

***** **** ***** ****

橋本の作品は「空色ヒッチハイカー」以来。
この作家が上手いのは、文化祭をどう描くかという点。

奈緒子から見たプラネタリウムとフォークダンスの場面。
後に巧が裏方としてどう活躍したかが描かれる。
読者は同じ場面を2回読むことにより、物語の立体化に成功する。

死者はある意味最強のキャラクター。
時間の経過とともに思い出が美化されるし、年を重ねるということがない。
この点は新潮文庫の解説で重松清も書いている。

恋人が死に、死んだ男の友人が女性と付き合う。
ある意味王道なんだけど、私は新鮮さを失わずに読めた。

タイミングもあるが、主人公だけでなく登場人物に感情移入できた作品。
「絶対に書けない物語」ではなく、「書けそうでいて書けない物語」でもある。

もうひとつ、男が描いた女性主人公という点でも私には不自然なく読めた。
女性読者はどう感じたのだろう。

***********************
関連記事

流れ星が消えないうちに 〔橋本 紡〕  

流れ星が消えないうちに 橋本紡

流れ星が消えないうちに/橋本紡

流れ星が消えないうちに/橋本紡

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック