2014年08月05日

理研の笹井芳樹氏が自殺、STAP細胞で小保方氏を指導

5日朝、理研の笹井芳樹氏が先端医療センターで首を吊って自殺した。
52歳。笹井氏は疑惑で揺れるSTAP細胞論文の共著者だった。

 

理研・笹井副センター長が自殺…STAP共著者(読売新聞)

笹井氏は再生科学総合研究センター(CDB)副センター長。
ES細胞の研究など、日本を代表する研究者として知られていた。

遺書が3通見つかっており、小保方晴子氏や再生センター幹部。
そして自らの研究室宛だった。

自殺した方に厳しいことを書くようだが、科学者なら全てを明らかにしてほしかった。
笹井氏が自殺することで、何かが進展するとは思えない。

今回の自殺に関し、理研の野依良治理事長はコメントを出している。
毎日新聞の記事から紹介する。

理研:笹井芳樹副センター長が研究棟で自殺 現場に遺書(毎日新聞)

「驚がくしている。世界の科学界にとって、かけがえのない科学者を失ったことは痛惜の念に堪えない」
(赤字部分、上記毎日の記事から引用)

自殺に値するような罪を彼は背負っていたのだろうか。私にはそうは思えない。
これからも再生医療での活躍が期待できる人物だった。

これでSTAP細胞の検証作業は困難となるのは必至。
現在、小保方氏はどのような心境なのか。
もちろんショックはあるだろうが、STAP細胞の存在について明らかにすべきだ。

STAP細胞をはじめとする再生医療は難病の患者やその家族にとって福音となるべきもの。
にもかかわらず、自殺者が出てしまったというのは皮肉。

科学者とは何なのか、そのあり方が問われている

自殺という選択は何かの解決にはならない


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400852837
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

笹井芳樹氏、自殺 STAP細胞の検証実験に影響か 理研会見
Excerpt: STAP細胞論文の共同執筆者だった理化学研究所発生・再生科学
Weblog: ネット社会、その光と影を追うー
Tracked: 2014-08-05 19:45

自殺??!
Excerpt: 理研 笹井副センター長 死亡を確認(NHKニュース&スポーツ) - goo ニュース 今ネットを見て驚きました。いろいろ思うところがあったのでしょうか?? とにかく心からご冥福をお祈りいたします。 追..
Weblog: 落ちこぼれのつぶやき
Tracked: 2014-08-05 21:01

理研・笹井氏自殺!遺書で小保方氏気遣う「あなたのせいではない」
Excerpt: STAP細胞論文をめぐる問題の渦中にいた理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹・副センター長が、首をつっているのが見つかり、死亡が確認された。論文問題で揺れ続けた理研に、改めて..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2014-08-06 23:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。