2014年06月19日

スペイン敗退とギリシャ戦展望

グループリーグ2戦目のワールドカップ。
前回王者スペインの敗退が決まった。

 

無残に散った王者スペインの敗因 不安視されていた懸念材料が表面化(スポーツナビ)

負ければ終わりのスペイン。相手はチリ。
いいところなく0−2で負け。
前回王者のブラジルワールドカップが終わった。
上の記事では「フィジカルコンディションの悪さ」を敗因としている。

同じくフィジカルコンディションで思い出すのが日本。
コートジボワール戦では蒸し暑さに負けたのか出足の鈍さが出た。
精神的な疲れなのか、普通では考えられないパスミスも多かった。

第2戦のギリシャも日本と同じく1敗。
負ければ終わりという中での試合は同じ条件。

何度でも同じことを書くが、もう一度日本の選手たちを信じよう。
きっと勝ってくれるはずだ。

先発メンバーはどうなるのか。
ザックの決断も気になるところ。

日本の試合を前に行われるのがDグループのウルグアイ対イングランド。
この試合も初戦での負け組同士。サバイバルマッチとなる。

日本の勝利を信じている

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 17:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。