2014年06月11日

「白い人・黄色い人」遠藤周作

日本人にとって神とは何か。
罪深い人とキリスト教を描く。「白い人」は芥川賞受賞作。

 

「白い人」

主人公は斜視がコンプレックスになっていた男。
大学入学資格試験に合格した。

リヨン大学に入学した彼。
父親はフランス人、母はドイツ人だった。

フランスはナチスドイツが占領。
彼は秘密警察(ゲシュタポ)に協力する。

外見が醜い神学生ジャックはマキの連絡員に。
秘密警察に拷問を受ける。従妹を呼び出され、舌を噛み自殺する。

作品でも描かれているが、キリスト教徒にとって自殺は厳禁。
ジャックはどうすればよかったのか。

「黄色い人」

所かわってB29が来襲する宝塚。
主人公の医学部学生は結核だった。戦争で死ぬか、病気で死ぬか。
彼は友人佐伯の婚約者、従妹を犯す。

もうひとり登場するのがデュラン。
キリスト教指導者だった彼は女を犯したことで身分を失う。
信者からは石を投げつけられる。
ピストルを預かること、そして神父を憲兵に売るという裏切り。

***** **** ***** ****

両作品に共通しているのは、人間の罪。
どんな人も何かの罪を背負っている。
そうでなければ、キリスト教をはじめ多くの宗教は絶えているはず。

「日本人にとってのキリスト教」なら、「沈黙」も同じ。
「白い人」が芥川賞受賞したのは昭和30年。
遠藤はこのテーマを死ぬまで追い続けていた。

***********************
関連記事

「白い人・黄色い人」(新潮文庫) 遠藤周作  

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:32| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

トップページ
http://www.dokusho-log.com/

こちらでメンバーたちのやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.dokusho-log.com/rc/

また、本を本棚に入れていくだけでグラフが作れます。
http://www.dokusho-log.com/profile/dokusholog/

読書が好きな人同士、本の話題で盛り上がっています。
もしよろしければ遊びにきて頂ければと思います。

よろしくお願い致します。
Posted by 読書ログ at 2014年06月12日 13:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399220404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック