2014年06月10日

「でーれーガールズ」原田マハ

漫画家のアユコは母校の創立120周年記念の講演に招かれた。
27年ぶりに岡山へ帰ったアユコ。

 

アユコを呼んだ教師の荻原一子は旧友の武美だった。
高校時代、アユコはヒデホという想像上の恋人がいた。

ヒデホは実際にいると思っていた武美。
かつての棘を思い出すアユコ。そして講演の日がやって来る。

武美が急死したと知らされるアユコ。
彼女は講演会で叫ぶ。

***** **** ***** ****

正直に書く。これは駄作。
高校時代と現在をクロスさせるのは理解できる。

その割りに内容が薄い。
直木賞候補となった「楽園のカンヴァス」が面白かっただけに残念。

誰かが死ねば感動する?
小説とはそんな物なのだろうか。私は違うと考える。

岡山県の作家といえば思い出すのが岩井志麻子。
そして重松清、あさのあつこ、吉行淳之介、小川洋子も岡山。
結構いるもんだ。

***********************
関連記事

原田マハ『でーれーガールズ』  

でーれーガールズ  原田マハ

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:48| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たしかに、武美の死は唐突でしたね。
私は島本理生さんの作品でよく人が死ぬことにちょっと違和感を持ったことがあります。
人の死を扱うのはなかなか難しいような気がします。

でーれーガールズは、私の場合は青春小説が好きなのでわりと楽しく読むことができました。
文章から原田マハさんの感性の綺麗さも垣間見ることができたので良かったかなと思います。
Posted by はまかぜ at 2014年11月26日 21:14
はまかぜさん、コメントありがとうございます。

この作品テーマはいいと思うのですが、表現に問題があるように感じました。

読者を引きつける物を持っている作家だと考えますので、今後の作品に期待します。
Posted by りゅうちゃん(管理人) at 2014年11月27日 08:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398862540
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「でーれーガールズ」原田マハ
Excerpt: 今回ご紹介するのは「でーれーガールズ」(著:原田マハ)です。 -----内容----- 1980年、岡山。 佐々岡鮎子は東京から引っ越してきたばかり。 無理に「でーれー(すごい)」と方言を連発して同..
Weblog: 読書日和
Tracked: 2014-11-26 21:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。