2014年06月08日

「楽園のカンヴァス」原田マハ

絵画に込められた物語。
引き込まれた。山本周五郎賞受賞、直木賞候補、本屋大賞第3位。

 

始まりは2000年の倉敷。
大原美術館で監視員をしていた43歳の早川織絵が主人公。
彼女はシングルマザーでもあった。

館長に呼ばれ、そこで新聞記者を紹介される。
展覧会開催にあたって、ニューヨークまで交渉役として向かってほしい。

かつてパリで博士号を取った織絵。
彼女の経歴が明らかになる。

そこから話は飛んで1983年。
ニューヨーク近代美術館でアシスタントをしていたティム・ブラウン。
スイスのバーゼルに招かれる。

そこで織絵と会い、彼女とルソーの作品について講評で勝負することに。
毎日「物語」を交互に読んで、1週間後に真贋を述べ勝ち負けを決める。
勝てば「夢を見た」を手に入れることがきる。

実はこの勝負、代理戦争だった。
ティム・ブラウンは、上司であるトム・ブラウンの代わり。
織絵はキースの代わりだった。

それぞれサザビーズとクリスティーズが背後にある。
決着はどのようになるのか。

***** **** ***** ****

自分が知らない世界を小説で表現できるのは貴重。
ウロコが何枚も落ちた気がする。

ミステリーとしても興味深く読めた。
インターポールや絵の秘密など盛りだくさん。
終わり方も清清しくて好感が持てる。

ティムが青臭くていい奴。
こうした人が、美術を支えているものと信じたい。
裏側はドロドロなんだろうけど(汗)。

作者は原田宗典の妹。
関西学院大を出た後、早稲田で美術を学んだ。

絵画に対する愛情が文章に込められている。
粗いが注目に値する作家だ。

***********************
関連記事

「楽園のカンヴァス」原田マハ  

楽園のカンヴァス(原田マハ)

「楽園のカンヴァス」原田マハ

原田マハ 『楽園のカンヴァス』  

原田マハ著 「楽園のカンヴァス」読了〜♪

■[ミステリ]原田マハ『楽園のカンヴァス』を読む

「楽園のカンヴァス」(原田 マハ 著)を読んだ感想、書評

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398697984
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック