2014年05月24日

「レーン ランナー3」あさのあつこ

高校生が5千メートル走に賭ける。
「ランナー」「スパイクス」に続くシリーズ第3弾。

 黄色い花

加納碧李と三堂貢は互いを意識していた。
ふたりの対決は迫っている。

話の進行に大きな役割を持つのが清都高校新聞部の光喜。
「競技の外、トラックの外にいる者だから見える」ものを、彼は描けるのか。

たとえば将棋には「指さないファン」というのが存在している。
何事も、「興味はあるが自分でその世界に入らない」というのは「あり」だと私は考える。
だが本書の場合、光喜の存在はあまりにもご都合主義だ。

そして元マネージャーの杏子。
部を引退したものの、陸上が気になって仕方ない。

この本のクライマックスは10キロのコースをライバルの二人で往復するシーン。
誰にも邪魔されたくないという気持ちが現れている。

特訓や秘密兵器があるわけじゃない。
そこらへんにいる高校生が大きな夢を持っていると考えれば。
この作品に共感する人も多いのかもしれない。

「何故走るのか」。
この問いを多くのランナーは自問しているはず。
「ただ走る」というのは人間が持つ本能なのか。

第4弾はふたりの対決が描かれるのだろう。
どちらが勝つにしても、また読んじゃうんだろうなあ。

この本は本体1400円。自分で買うには高い。
図書館で待って読むのが正解だと私は考える。

***********************
関連記事

レーン〜ランナー3〜 (あさのあつこ)  

あさのあつこ『レーン ランナー3』

レーン ランナー3 あさのあつこ

レーン ランナー3

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

レーン ランナー3 あさのあつこ
Excerpt: レーン ランナー3 あさのあつこ 幻冬舎 2013.8.14 光の季節 暮れなずむ街で 一滴の雨が 小波のように 光を浴びて これからの風景 白くくねった道 ただ走る ..
Weblog: 栞の読書日記
Tracked: 2014-05-28 21:30