2014年06月06日

「骨折」ディック・フランシス

脅迫した男は、金以外の要求をした。
競馬シリーズ第11弾。

 白

主人公はニール・グリフォン。
ある夜、2人組の男たちに誘拐された。

誘拐した男たちは間違っていた。
本当は調教師であるニールの父親ネヴィルを誘拐するはずだった。

だが、父ネヴィルは交通事故で入院中だった。
誘拐犯の要求は、多くの優駿を管理していたロウリイ・ロッジに新たな騎手を雇うこと。

ロウリイ・ロッジのエース馬、アークエンジェルに乗せろという。
そしてダービーで勝たせろとも。
しかし、ロウリイ・ロッジにはエースジョッキーのトミイ・ホイレイクがすでにいる。

その男、誘拐犯首領の息子であるアレクサンドルは次の日にやって来た。
18歳と若い彼は、馬の世話をしないと言い放つ。
女性厩務長エティは、アレクサンドルに反感を持つ。

厩舎では、かつて障害レースで活躍したムーンロック。
そしてインディゴが相次いで骨折する。

父親がいない厩舎で不当な要求。
ニールはどのようにしてこの危機を乗り越えるのか。

***** **** ***** ****

この作品で描かれているのは、骨折より親子関係。
競馬ばかりではないところが、作家フランシスの腕の見せ所。

ニールと父親、そして誘拐犯とアレクサンドル。
何でも言うことを聞いてくれるのがいい父親ではない。
後半になると、アレクサンドルは父親の要求に頭を悩ますことになる。

マーガレットからアレクサンドルが宿泊しているフォーリィ・インの情報を得るニール。
このあたりは辻褄合わせのご都合主義。

しかし、経営面でロウリイ・ロッジが抱えている問題をずばり指摘するニール。
このあたりは痛快だ。
専門家だからこそ、問題が見えないというのはどこの世界にもある。

もうひとつ、性的不能になる病気は他になかったか。
ありそうな気がするんだけど、どうなんだろう。

***********************
関連記事

ディック・フランシス『骨折』  

骨折/ディック・フランシス

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック