2014年05月30日

「ムーン・パレス」ポール・オースター

家族を失った男が出会った奇跡。
散漫だが読者を飽きさせないのは流石。

 

オースターの作品は、「鍵のかかった部屋」「幽霊たち」を読んだ。
いわゆる「ニューヨーク三部作」の二つだ。
この「ムーン・パレス」でもニューヨークが舞台となっている。

主人公フォッグは私生児。母親は交通事故で死亡した。
コロンビア大に通う彼は、生活費に困るようになる。

奨学金という道も模索せず、やがてホームレスに。
セントラルパークで生活するようになった。

大学の友人、ジンマーとキティがそんな彼を見つけて助ける。
ジンマーのアパートに居候していたフォッグ。

車椅子の老人エフィングの世話という仕事を大学の紹介で見つける。
散歩と朗読を始めたフォッグ。
やがて、エフィングの言うまま口述筆記をするようになる。

***** **** ***** ****

タイトルのムーン・パレスは実際コロンビア大の近くにあった中華料理屋だったという。
オースターも何度か通ったに違いない。卒業後、彼はフランスなどを放浪する。

彼の作品には孤独がよく出てくる。
精神的飢餓状態とでも言うのだろうか。

この作品では、食べ物に関しても飢餓が表現されている。
キティと出会った場面でも、食物を狂ったように食べるシーンが印象的だった。

私は自分がとても書けない小説。先が読めない内容なら評価する傾向がある。
だとしたら、この作品は両方の条件を満たしている。

彼の作品で「シティ・オブ・グラス」(ガラスの街)は未読。
近い将来読みたい。

***********************
関連記事

『ムーン・パレス』ポール・オースター  

日本人に愛されるアメリカ青春小説「ムーン・パレス」

「ムーン・パレス」ポール・オースター/ 柴田元幸訳

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 17:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。