2014年05月18日

「ごきげんな裏階段」佐藤多佳子

みつばコーポラスの裏階段で起きたこと3つ。
人気作家初期の連作短編集。

 紫陽花(あじさい)

「タマネギねこ」

小村学が裏階段で見つけた茶トラの猫。
ノラと名づけて飼うことにしたのだが、みつばコーポラスはペット禁止。

不思議なことにこのノラはタマネギを食べる。
そして洗うと小さくなる。

「ラッキー・メロディー」

一樹の両親が法事で出かけている間、おじさんの家で居候をしていた。
だが、彼の気になっていることは5日後にあるリコーダーのテスト。

そんな時、一樹は笛を2本持ったクモに出会う。
それはドクダミとヒマワリで作った笛で、ドクダミは不幸を招く。

「モクーのひっこし」

7歳のナナは、何でも開けるのが好き。
その度に怒られるがまたも開ける。

閉鎖されたダストシュートを開けてみたら、オバケのモクーがいた。
モクーは煙が大好き。

スナック「マッチ売りの少女」でエア・クリーナーとなったモクーなのだが・・・
最後が最初のエピソードとつながっているところがよくできている。
連作短編集はこうでなくては。

***** **** ***** ****

彼女の作品は「一瞬の風になれ」以来。
人気作家の初期作品を後から読むのは結構楽しい。
荒削りの部分はあるが、「あの作品」のプロトタイプが楽しめる。

新潮文庫の解説は上村令。
不思議なことに対して「何故起きたか」は解明しない。

子どもたちだけでなく、大人も不思議なことに巻き込む。
そこが佐藤らしいところ。

彼女の作品は「サマータイム」、「しゃべれども しゃべれども」など未読が多い。
もっと読むべきかもしれない。

***********************
関連記事

ごきげんな裏階段(佐藤多佳子)  

佐藤多佳子 著『ごきげんな裏階段』読了

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396082776
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック