2014年04月29日

山中教授、会見で疑惑の論文を釈明

28日、ノーベル賞受賞者の山中伸弥教授が2000年の論文について釈明した。
データ管理の不完全さは認めたものの、論文の内容について「一点の曇りもない」と話した。

 

「一点の曇りもない」…山中教授が切り貼り否定(読売新聞)

問題視されているのは、2000年に出たマウスのES細胞についての論文。
ネット上で画像の酷似が指摘されていた。
実験データについても不自然との指摘があった。

山中教授は、「データ管理が不完全だった」と陳謝。
その上で、「論文の内容に一点の曇りもない」と不正について否定した。

小保方氏のSTAP細胞問題以来、こうした疑惑が出てくるのは残念。
山中教授の場合も元データがなく、「これが不正でない証拠」を示せない。

最近では、画像処理のソフトが出回っている。
素人でも簡単に処理できるため、改ざんが可能になった。
これは便利ではあるが、逆に研究者が疑われる原因にもなっている。

また、論文検証サイトの存在も大きい。

山中伸弥教授会見 論文検証サイトの功罪(産経ニュース)

今回も「PubPeer(パブピア)」というサイトが山中教授の論文を問題視。
誰でも簡単に参加できるネットの功罪も無視できない。

今後は、研究者も指摘されないような防御策を講じる必要がある。
データを複数保存し、ノートをしっかりと残す。
そうでなければ指摘合戦も終わらないだろう。

他の研究者は大丈夫?

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 16:15| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

ネットでの指摘が相次いだだけに、物議を醸しましたが、誰もが専門家になれるわけではないので、科学に対する圧力を、外野が持つべきではないですね。

ただでさえ、研究の世界というのは、専門化が進んでおり、特定の分野のエキスパートでも、異なる時代の考証には、無知である事もありますし、文系知識ならいざ知らず、科学では尚更の事だと思います。
Posted by RYU at 2014年04月29日 20:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

iPS細胞 山中教授に論文疑惑!!
Excerpt: 昨日28日夕刻TVを点け流しにしてニュース番組を見ていました。 また教授の論文に不備とか聞こえましたから「理研の教授が又やったか?!」と思ったものです。 ところがその教授は「iPS細胞でノーベル賞..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2014-04-29 16:47

ネットでの疑惑
Excerpt: 山中教授、14年前の論文にネットで疑義 一部データ散逸で陳謝(産経新聞) - goo ニュース ネットでの指摘にどの程度反応するべきものなのか?という疑問をあるテレビ番組のコメンテータが語っていました..
Weblog: 落ちこぼれのつぶやき
Tracked: 2014-04-29 22:55

万能細胞騒動はコア技術の確立の通過点
Excerpt: iPS細胞でノーベル賞を受賞して、発明者となった山中伸弥教授が、2000年に執筆したES細胞の論文に、他のデータにある画像と酷似した写真があったとの事である。山中氏は、「論文の内容に一点の曇りもない」..
Weblog: 天威為仁
Tracked: 2014-04-30 17:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。