2014年04月24日

「混戦」ディック・フランシス

競馬シリーズなのに、主人公はパイロット。
著者の経験が生かされた異色作。原題はRat Raceという。

   黄色いユリ

マット・ショアはエアタクシーに勤務しているパイロット。
離婚して、いろいろと支払いに追われている不運の男。
エース騎手コリンなど競馬関係者を各地に運ぶ仕事をしている。

前任者がトルコへ行ったため、マットは重い責任があった。
ある日、機体に異常を感じたマットは緊急着陸。

その後、機体は爆発した。誰かが狙われているのか。
自分か、それともコリンか。

コリンの妹ナンシイ。
彼女はパイロットの資格を持っていた。

彼女がコリンを乗せて飛び立った際、二度目のトラブルが。
無線が壊されてしまう。少佐の仕業だった。

マットはナンシイの操縦する機体を探す。
そして機内ではF1で使うピットサインのような文字が作られていた。

並んで飛ぶ二機。
地上に誘導するため、細かい指示がピットサインを使って伝えられる。
この場面、なかなか緊迫感があってよかった。

***** **** ***** ****

作者が騎手だったことは有名。
しかし、軍隊時代パイロットだったというのは知らなかった。
人間、どこで隠れた経歴が役に立つかわからないものだ。

ナンシイには双子の姉がいて、白血病でいつ死んでもおかしくない。
この設定は無くてもよかったのではないか。

マットは元BOACのパイロット。
この会社、ブリティッシュ・エアウェイズ(かつて英国航空と呼ばれていた)の前身。
「どうして辞めたのか?」と訊かれるのは当然だ。

***********************
関連記事

ディック・フランシスの「混戦」  

ディック・フランシス『混戦』

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395376706
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック