2014年04月23日

海自いじめ自殺、国と元2等海曹に賠償7300万円

海上自衛隊でのいじめ自殺は、国が自殺を予見できたと判断。
23日、東京高裁は賠償額を一審の約440万円から7300万円に増額。

 

賠償7300万円に増額 海自いじめ自殺、東京高裁「予見できた」(日経新聞)

自衛隊って何を守っているのだろう。
国?組織、それともプライド?
少なくとも今回のいじめ自殺事件では、自衛隊の猛省が必要だ。

駅前などで自衛隊募集の事務所を見かける。
自衛隊員の訓練が厳しいことは、そこらのヤンキーにだって理解できる。

ひとり、候補生を見つけるだけでも大変なんだ。勧誘する側は。
こうした事件が起きれば、なおさら勧誘は厳しくなるだろうなあ。

ところで、今回のようないじめ事件は護衛艦「たちかぜ」に限ったこと?
あなたがそう思うのであれば、かなり考えが甘い。

類似事件が多数あると考えるべきだろう。
いじめる側が少しでも減らなければ、こうした事件で亡くなった自衛官は浮かばれない。

自衛隊は自殺も多い。
内部に腐った部分があると考えるのは当然だ。

この裁判、国は上告するの?

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


ラベル:いじめ 自衛隊
posted by りゅうちゃんミストラル at 17:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック