2014年04月16日

「クロイツェルソナタ」トルストイ

文豪トルストイが純潔とストイックについて書いた作品。
21世紀だからこそ、こうした作品が必要なのかもしれない。

 

長距離列車の中で、夫婦関係について語りあっていた乗客たち。
貴族のポズドヌイシェフが自論を展開する。
何とこの男、自分の妻を嫉妬から殺してしまったのだ。

医者から出産を止められた妻。
美しくなった妻に、バイオリニストのトルハチェフスキーが接近する。

ポズドヌイシェフが会議のため地方に出かけている間。
夜中にトルハチェフスキーがやって来る。

急遽予定を変更し、家に戻ったポズドヌイシェフ。
かねてから妻に怒りを感じていたポズドヌイシェフは短剣で妻を殺してしまう。

***** **** ***** ****

トルストイの作品は、「イワン・イリッチの死」以来。
よくぞここまで追い詰めた考えができるものだ。

作者の考えが反映されたこの作品。
極論ではあるけれど、彼ほど率直に性の問題を語った人はどれだけいるか。

直接作品には関係ないけれど、妻を殺した男が無罪になるというのは驚き。
貴族が自分の名誉を守るために行ったからなのだろうが、日本では無罪にならないだろう。

もし、今トルストイが生きていたとしたら。
HIVの流行や世界の人口が70億人という点について、どう語っただろうか。

「そんなストイックにならなくてもいいじゃないか」と私などは思う。
しかし、トルストイから見ればそんな考えこそが堕落なのだろう。

私が読んだのは原卓也翻訳の新潮文庫。
同時収録されている「悪魔」についてはこれから読むところ。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 17:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。