2014年04月01日

「はぶらし」近藤史恵

人は、どこまで他人に親切にできるものか。するものか。
近藤史恵が描く異色作。ネタばれあり。

   花

近藤と言えば「サクリファイス」「エデン」「サヴァイヴ」のシリーズが有名。 
「天使はモップを持って」「ダークルーム」という作品も読んできた。

主人公は脚本家の鈴音、36歳。2年つきあった男と別れたばかり。
神楽坂に住み、それなりに収入もある。

高校時代、同じ合唱部だった水絵が夜に電話をかけてきた。
すべてはこの電話から始まった。

待ち合わせのファミレスに行くと、水絵が子連れで待っていた。
7歳になる息子の耕太だという。

水絵は離婚の際、耕太を引き取ったがその後リストラされた。
金の無心かと思った鈴音だったが、自宅に泊めてくれと頼まれた。

仕事を見つけるまでの1週間限定という話だった。
高校を出てから親しくしていたわけではない水絵と鈴音。

いきなりの頼みごとに戸惑う鈴音だったが、引く受けてしまう。
後のことを考えるなら、泊める前に水絵の実家のことなどを訊いておくべきだった。

翌日からハローワークに通う水絵。面接にこぎつけるが、不採用となる。
続けて泊めてもらえるよう頼む水絵。
鈴音は断りきれず、さらに1週間伸ばす。

鈴音は仕事場を別に持っており、予備校講師の灘と知り合う。
灘から、建設事務所で事務員を探しているという話を聞く。
渡りに船と水絵に話し、面接に行くが彼女は断るという。

二人は喧嘩になり、水絵は耕太を置いて出て行く。
鈴音は水絵の実家に電話し、耕太を引き取ってもらうことに。
東京駅に姿を見せたのは、DVしていたという水絵の別れた夫だった。

10年後が描かれるとは思わなかった。
この点は、近藤もどうするか悩んだはず。

以下の記述が記憶に残る。

「時は残酷だ。そう考えて気づく。残酷なのは時そのものより、生きていくことなのかもしれない。」
(P225より引用)

後半出てくる記憶のデコレーションは確かにある。
自分にとって忘れるようなことでも、相手は鮮明に記憶しているものだ。

ひとつ提言。
読者は結婚するしないに限らず、基本的な法律くらいは知っておくべき。
離婚する際になって再婚禁止期間とか300日ルールで慌てないように。

***** **** ***** ****

タイトルが何故「はぶらし」なのか。
読者にはすぐに意味がわかる。

使った歯ブラシを返されてもなあ。
このあたりは近藤の上手さが出ている。

耕太が熱を出したり、子のいない鈴音の考えが細かく表現されたり。
女性作家らしい作品になっている。

近藤は、決して技巧に優れた作家ではない。
しかし、これだけ登場人物が限定された作品を飽きずに読ませる。
この点は大いに評価していい。

***********************
関連記事

近藤史恵/「はぶらし」/幻冬舎刊  

はぶらし (近藤史恵)

はぶらし 【近藤 史恵】

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 05:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

近藤史恵/「はぶらし」/幻冬舎刊
Excerpt: 近藤史恵さんの「はぶらし」。 10年ぶりに会った友達を、どこまで助けたらいい?揺れる心が生み出した傑作ミステリー!脚本家の 鈴音は高校時代の友達・水絵に突然呼び出された。子連れの水絵は離婚し..
Weblog: ミステリ読書録
Tracked: 2014-04-03 00:40