2014年03月02日

高梨沙羅、連続のW杯個人総合優勝

ジャンプW杯はルーマニアで女子14戦が行われた。
高梨沙羅が勝ち、圧倒的な差で2季連続の個人総合優勝を決めた。

 

高梨沙羅、2季連続の個人総合優勝 ジャンプW杯(asahi.com)

1回目にただひとり100m超えを果たした彼女。
2回目も99メートルと抜群の強さを見せた。

ルーマニアでの勝利は記録ずくめ。
ソチ五輪金メダリストのカリナ・フォクト(独)に559点差をつけた。
残り5戦で高梨が得点できなくても逆転できない。

また、W杯今季11勝目は女子選手としての新記録。
通算20勝目となり、日本勢ではノルディック複合の荻原健司を抜いて単独最多。
今考えると、荻原の3連覇というのはとんでもない記録だ。

ソチ五輪7位の伊藤有希も自身2回目の表彰台となる3位。
インタビューで涙を見せた、あの悔しさをバネに出来たか。

多くの人は思うに違いない。
「W杯でこれだけ勝っている高梨が、なぜソチ五輪で4位だったのか」と。

ジャンプというのはそれだけ一瞬にかける競技だということではないのか。
素人な私はそう考える。そして何度で同じことを書く。

4年後の歓喜を迎えるために、ソチの屈辱に耐えるんだ。
もう一度彼女に夢を持つ、それを喜びと感じよう。

よく頑張りました、あなたは素敵です!

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 06:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。