2014年02月18日

「青の炎」貴志祐介

母親の再婚相手だった男を殺そうと計画する高校生、櫛森秀一。
素直によくできた作品だと思う。ネタばれあり。
   
【送料無料】青の炎 [ 貴志祐介 ]

【送料無料】青の炎 [ 貴志祐介 ]
価格:700円(税込、送料込)


貴志の作品は「悪の教典」「クリムゾンの迷宮」以来。普通、この順番はない。

秀一の家は、母の友子と妹の3人。
そこに、曾根という男(母親の再婚相手でその後離婚)がやってくる。

妹には内緒にしていたが、曾根は妹の父親。
そのため母の友子は曾根を追い出せない。

競輪狂いで大酒呑みの曾根。
しかも傍若無人の振る舞いに怒った秀一。
弁護士に相談しても解決できないことを知った秀一は曾根を「強制終了」することを決める。

教室を抜け出してロードレーサーで自宅に戻り、曾根を感電死させる。
しかし、この計画を知る者がいたことを秀一は知らなかった。

***** **** ***** ****

美術教師の設定などは「悪の教典」と同じ。
前に出した作品を読むのは、作家のソースが分かるという意味がある。

「この世に死んでいい命がある」という考え。
これは私も認める。だからこそ死刑は必要だ。

例えばアガサ・クリスティの作品では、「法律で裁けない人物」を何度か「処理」している。
復讐もある条件の下では認めるということだ。

「そんなことはない!」と否定したがる人もいるだろう。
そんな人に問いたい。秀一はどうすればよかったのか。

「天網恢恢疎にして漏らさず」という言葉はいつまで意味を持つのか。
復讐はいかなる条件でも認められないのか。

だが、本書では曾根を「強制終了」するだけでは終わらなかった。
荒さはあるものの、いろんなことを考えさせられる作品だ。

どうしてこの作品は倒叙で書かれたのか。
それは、山本警部補たち捜査員の目から見ると面白くないから。

読者はどこかで秀一に共感する。私もそのひとり。
世の中には、警察機構への挑戦として完全犯罪を計画する者がいる。

しかし、秀一はその対極をなす。母親や妹を守るために殺人を犯す。
このことから見ても、この作品は推理小説というより青春小説。

ひとつ苦言があるとすれば、山本警部補の判断。
秀一に時間を与えたことで、後に責任を問われることは明らか。

山本が漱石の「こころ」を読んでいなかったとしても。
容疑者の行動くらいは予想できたはず。

とある有名な探偵は、犯罪者に自殺するチャンスを与えることがある。
山本がその探偵と同じ考えであるとは考えにくい。
事実が明らかにされなくなるし、容疑者を失うからだ。

私はまだ「新世界より」を読んでいない。
近いうちに読むことになるのだろうと思う。

   

書評(作家別一覧) 

***********************
関連記事

「青の炎 」貴志祐介

貴志祐介「青の炎」  

『青の炎』 貴志祐介

青の炎 | 貴志 祐介

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 00:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388891297
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック