2014年02月16日

「蜩ノ記」葉室麟

10年後に切腹する元郡奉行、戸田秋谷。
侍のどこまでも清冽な生き方を描いた直木賞受賞作。
   
【送料無料】蜩ノ記 [ 葉室麟 ]

【送料無料】蜩ノ記 [ 葉室麟 ]
価格:720円(税込、送料込)


庄三郎は場内で刀を抜き、同僚の足を斬った。
本来なら切腹するところだが、同僚の家柄に助けられる。

隠居の上、向山村の戸田秋谷の家に行くことを命じられる。
表向きは家譜完成を手伝うということになっているが、実際は監視役。

実際、戸田秋谷に会ってみれば側室と間違いを犯す人物には見えない。
いったい秋谷に何があったのか。

***** **** ***** ****

情けがあり凛とした秋谷。
「どうしてそこまでできる!」と思う場面が多かった。

もし、秋谷が違う時代違う状況に生まれていたら。
雪印の食中毒は、イジメや体罰での自殺はどうなっていたか。

福島原発事故は。「親切な人」から金を受け取った都知事は。
太平洋戦争はどうなっただろう。

逆に言えば、秋谷の生き方が美しく見えることは不幸でしかない。
秋谷が目立たず死ぬ世界こそ求められる。

そのことをどれだけの読者が知っているだろうか。
この作品は現代に通じる。決して昔の話ではない。

***** **** ***** ****

私は時代小説が苦手。なるべく読まないようにしている。
しかしこの内容であれば、読んでよかったと素直に思う。

庄三郎のところに次々と事実が集まってくるのは出来すぎ。
これをご都合主義という。

しかしそれを差し引いたとしても、かなり読み応えがある作品だった。
この作家、初めて読んだがもっと読んでみたい。そう思わせる作品だった。

書評(作家別一覧)

***********************
関連記事

葉室麟 『蜩ノ記』 現代に通ずる男の生き様 その美学に陶然とする

蜩ノ記 葉室麟著  

『蜩ノ記』 葉室麟 (祥伝社)

葉室 麟 「蜩の記」

葉室麟『蜩ノ記』

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 00:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388383934
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『蜩ノ記』葉室麟
Excerpt: 葉室麟著『蜩ノ記』祥伝社文庫、を読みました。 直木賞受賞作です。 豊後羽根藩の檀野庄三郎、元郡奉行戸田秋谷、凛とした武士の生き方を書いています。 蜩ノ記 (祥伝社文庫)葉室 麟祥伝社
Weblog: あれこれ随想記 
Tracked: 2014-12-07 22:34

『蜩ノ記』
Excerpt: 葉室麟 『蜩ノ記』(祥伝社)、読了。 父の本棚から借りてきました。 直木賞受賞作。 藩主の側室と不義密通を犯した罪で、切腹を言い渡された秋谷。 しかし、家譜編纂の役目を果たすため、切腹は十..
Weblog: 観・読・聴・験 備忘録
Tracked: 2015-05-06 00:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。