2014年04月30日

「ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常」三上延

北鎌倉にある古本屋のビブリア古書堂。
古本に関連したミステリー再び。

   花

「ビブリア古書堂の事件手帖」の続き。
栞子と大輔が古本ミステリーに挑む。

プロローグ「クラクラ日記」

作者の坂口三千代は坂口安吾の妻。
同じ本を何冊も持つ意味は何か。この本の終わりに明らかとなる。

アンソニー・バージェス「時計じかけのオレンジ」

ビブリア古書堂に届いた「完本・蔦葛木曽桟」(国枝史郎)を探しているとのFAX。
それは、後のエピソードにつながる伏線だった。

中学1年生が書いた「時計じかけのオレンジ」の感想文。
どう思うか訊かれた大輔は、栞子に相談する。

キューブリックの映画でも知られるこの作品。
完全版とそうでない版があるのは知らなかった。

 

「名言随筆 サラリーマン」

大輔が以前付き合っていた高坂晶穂。
父親が亡くなったとのことで、宅買いに出かける。

何故、ビブリア古書堂を指定してきたのか。
生前、仲が悪かった父と晶穂。秘密が明らかに。

福田定一が司馬遼太郎の本名であることは知らなかった。
この本、ただミステリーであるというだけでなく、知識が増える。

「UTOPIA 最後の世界大戦」

ビブリア古書堂に査定のためやってきた中年の男。
駐車場に車を入れに行く間に何故かいなくなってしまう。

大輔と栞子は、男の家を探しに行く。
ホームズ並みの推理で男の家を見つける栞子。

100万円単位の価値があるという古い漫画。
そして、栞子の母親についての思い出が語られる。
このエピソード説明の部分が多いけど、しっかりとミステリーしている。

藤子不二雄については、自伝的漫画「まんが道」が詳しい。
手塚をはじめ、多くの漫画家が描かれているのも貴重な作品だ。

エピローグ 「クラクラ日記」

1冊の本を探し続ける栞子。
母親のメッセージを見つけるためだった。

***** **** ***** ****

結婚しない宣言をした栞子。
じれったい二人の今後はどうなる。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386572987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。