2014年01月31日

「ため息の時間」唯川恵   

女性直木賞作家が描く男性主人公たち。
質の高い短篇集。唯川の作品は「肩ごしの恋人」以来。
   
【送料無料】ため息の時間 [ 唯川恵 ]

【送料無料】ため息の時間 [ 唯川恵 ]
価格:546円(税込、送料込)


この本は以下の9つの短編で成り立っている。

「口紅」

主人公の原田は妻の化粧を嫌っていた。
それは、母親が男のもとに走った11歳記憶がそうさせるのだった。

妻は病気で入院していた。
だんだんと影が薄くなる妻。原田に口紅を買って欲しいと頼む。
原田は不倫相手の孝子に代わりに買ってくるよう依頼する。

妻の死後に泣く原田。キレのある作品に感心した。
今度、石榴の花をよく見てみよう。

「夜の匂い」

井沢は大学の5年後輩、幹子を付き合うことに。
だが、幹子の友人まり絵が何度も井沢に連絡するようになって・・・

これはすぐ背景が読めた。
女性の同性愛を描くところは女性作家ならでは?

「終の季節」

杉浦は左遷人事で資料室勤務になった。
喫茶店で援助交際しているところを偶然見かけた。

女子高生は娘の同級生だった。
しかも、彼女の父親をリストラしたのは杉浦自身だった。
ところが今度は杉浦自身がリストラの対象に。

彼は娘の携帯から電話番号を知り、援助交際を止めるよう電話をかける。
この結末は読めなかった。

「言い分」

靖子という婚約者がいながら、新入社員の奈保とも付きあう男、浩一。
両者の言い分が食い違い、互いに批判しあう。

以前読んだ「薮の中」(芥川龍之介)を思い出した。
誰かもう一人証言者がいたら、話がもっと立体的になったかもしれない。

「僕の愛しい人」

僕は以前から努力を欠かさないでいた。
だが、この世は努力だけでは成功しない。

僕は千晶を愛しながら、金持ちの真帆子とも付き合うことに。
金銭での援助を約束しつつ、真帆子と結婚することにした。

これはかなりブラックな結末。
宮部みゆきなら、どう描いただろう。

「バス・ストップ」

主人公の木島は家事のできる杏子が妻。
その一方で若い奈美とも関係があった。

離婚を切り出された木島だったが、奈美との新しい生活を始めた。
バラ色どころか家事のできない奈美に落胆する。

何かを得るということは、何かを失うということ。
男って、自分も含めてバカだなあ。

「濡れ羽色」

営業先にいたオールドミスるみ子。
彼女のお陰で契約がまとまった浩次。

しかし取引先幹部の姪である久美は若く、こちらに乗り換えようとする。
初めて部屋に来た久美。話すカラスに何かを言われ、青くなって帰る。
この結末は読めなかった。かなりブラック。

実際にカラスが人に慣れることはまずないという。
だが例外はある。以前テレビで見た。

カラスの雛が巣から落ち、親鳥が育児を放棄。
見かねた男性が巣に返そうとしたが親鳥は拒否。

仕方なく家で飼うことにした。
子カラスの親になった男性。これは本当に珍しいことだという。

「分身」

若い妻がインターネットを始めた。
夫の田崎は、別の男になりすまし妻にネット上で接触する。

最初の頃は夫に何でも話してくれた妻だったが、次第に何も話さなくなる。
そして、田崎はメールで直に合うことを求めた。
待ちぼうけさせる作戦だったが・・・

「父が帰る日」

かつて母親と自分を捨てて失踪した父。
その父が内臓を痛め入院しているという連絡が入った。

最初は拒否する彰一だったが、自宅に受け入れることにした。
息子の修学旅行前日、老いた父が息子のリュックを探っていた。

かつての記憶が蘇り、父親が孫の金にまで手を出したと怒る彰一。
すぐに父を家から追い出すのだったが・・・

この作品は、重松清を思い出す内容。
彼ならどう表現しただろうか。勝手に想像するのは楽しい。

***** **** ***** ****

作家は新しいことを試したがるもの。
女性が描く男というのはこの試みでは成功している。

正直に書くと、私はこの本を無料で手に入れた。
かなりの拾いものだったことは素直に認めよう。

新潮文庫の解説は北上次郎。
唯川の作家としてのターニングポイントを「ベターハーフ」だとしている。
   
【送料無料】ベター・ハーフ [ 唯川恵 ]

【送料無料】ベター・ハーフ [ 唯川恵 ]
価格:680円(税込、送料込)


いつかは読まなければ。

***********************
関連記事

『ため息の時間』(唯川恵/新潮社/新潮文庫)

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 01:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386563837
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック