2014年02月22日

「ワイルド・ソウル」垣根涼介

南米への移民は「棄民」だった。復讐に燃える男たち。
添乗員の経験がある垣根の出世作。
大藪春彦賞、吉川英治文学賞、日本推理作家協会賞をトリプル受賞。
   
ワイルド・ソウル 上

ワイルド・ソウル 上
価格:740円(税込、送料別)


垣根の作品は「ヒートアイランド」「午前三時のルースター」以来。
海外が舞台、暴力と犯罪の匂いがするのは相変わらず。

衛藤は妻と弟とブラジル移民に応募する。
現地で待っていたのは、まったく整備されていない原野だった。

妻と弟は相次いで黄熱病に倒れ亡くなる。
領事館は移民に対し犬同然の扱いしかしない。

一緒に移民してきた野口夫妻。
奥さんの病気を救ったということで衛藤のことを恩に思う野口。

しかし後に衛藤が尋ねた際、野口夫妻はすでに死亡していた。
啓一(ケイ)という少年を残して。

宝石商の裏で麻薬の密売を行っている松尾(ノブ)。
山本、ケイとともに復讐計画を実行する。
   
ワイルド・ソウル 下

ワイルド・ソウル 下
価格:740円(税込、送料別)


後半、重要な登場人物といえば報道番組制作者の貴子。
ケイと男女の仲になる。

女性読者から見て、ケイは魅力的なんだろうか。
それとも単なるバカ?

計画はうまくいったかと思われた。
しかし山本が空港で倒れ、パスポートから犯人グループの一味だと分かってしまう。

まさに「渾身の力作」と言える大長編。
この作品が多くの読者に高く評価されているのはよく理解できる。

南米やNシステムなど、作者はどれだけの取材を重ねてきたのか。
それを考えるだけでも読む価値がある。

厚い本なので尻込みしていたが、このリーダビリティはさすが。
行間に麻薬でも仕込まれているんじゃないか。

単に復讐劇ではなく、「大地の子」「沈まぬ太陽」(山崎豊子)を思い出させるドラマ。
読んで損はなかった。それだけは自信を持って言える。

作品でも触れているが、ドミニカの日本移民も酷い話だったという。
事実として、日本政府はこんなことをしてきた。そのことは忘れまい。
そういえば、北朝鮮への帰国事業も「地上の楽園」と賛美していた人はいたんだよね。

書評(作家別一覧)

***********************
関連記事

『ワイルド・ソウル』 垣根涼介  

「ワイルド・ソウル」垣根 涼介

「ワイルド・ソウル」垣根涼介

垣根涼介 - ワイルドソウル

◆ワイルド・ソウル

「ワイルド・ソウル」垣根 涼介

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 00:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック