2014年01月09日

「アクロイド殺害事件」アガサ・クリスティ

クリスティの中で、これほど話題になった作品はない。
叙述トリックの名作を再読。ネタばれあり。
   

田舎のキングズ・アボットで、富豪ロジャー・アクロイドがナイフで殺された。
その前に、ファラーズ夫人が亡くなったこととの関連は果たしてあるのか否か。

引退する予定だった「灰色の脳細胞」を持つ男ポアロが事件の謎を解く。
いつも助手として記録していたヘイスティングスは南米に行ってしまった。
医師のシェパードが記録係として作品は成り立っている。

電話は誰がどこからかけたのか。
椅子が移動していたのはどんな意味があるのか。
これらの謎を、ポアロは丹念に調べる。

しかし関係者たちは各自、何か秘密にしているものがある。
「信用できない証言」との戦いがポアロを悩ませる。

***** **** ***** ****

アンフェアではないかということで論争が起きたこの作品。
私にとってこの種の論争は下らない。

事実を読者に隠すとかではない以上、どう描くかは作者の自由。
アンフェアということでこの作品を批判するようなことはしたくないものだ。
不毛な論争については、「ノックス・マシン」(法月綸太郎)の記事でも書いた。

もうひとつ、探偵が犯人を突き止めた場合。
その犯人を警察に引き渡して法の裁きを受けさせるのか。

それとも、犯人の自殺を認めるのか。ポアロの場合は後者だ。
別の作品でも、ポアロは犯人の自殺を止めなかった。
(作品名についてはネタばれになるといけないので書かない)

探偵によっては、「犯人の自殺は恥」と心に決めている者もいる。
これは、ポアロの方針というより作者であるアガサの考えではないか。

今回、私が読んだのは大久保康雄翻訳の古い(1972年)創元推理文庫。
大久保氏といえば、ホームズを思い出す。

ヘイスティングスとのコンビはポアロ最後の事件「カーテン」で復活する。
未読の方は読んでみるといいだろう。

***********************
関連記事

■フェアかアンフェアか、『アクロイド殺し』。

アガサ・クリスティ『アクロイド殺し』

アガサ・クリスティー「アクロイド殺し」感想 羽田詩津子・訳

アガサ・クリスティ『アクロイド殺し』  

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 00:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382913022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

■フェアかアンフェアか、『アクロイド殺し』。
Excerpt: ※注意。『アクロイド殺し』をこれから読む予定の人、以下は読まないでください。勘のいい人は下記を読んだだけで犯人が分かるかもしれません。 さて、現在、何次目かのクリスティブームがわたし..
Weblog: わたしの日常
Tracked: 2014-01-09 08:32

アガサ・クリスティ『アクロイド殺し』
Excerpt: アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)アガサ クリスティー Agatha Christie 早川書房 2003-12売り上げランキング : 5296Amazonで詳しく見る by G-T..
Weblog: 積読本は積読け!!
Tracked: 2014-01-10 00:18