2013年12月16日

「友情」武者小路実篤

若い脚本家の野島が好きになった杉子。
野島の友人、作家の大宮は二人を結び付けようと協力するのだが・・・
   
【送料無料】友情改版 [ 武者小路実篤 ]

【送料無料】友情改版 [ 武者小路実篤 ]
価格:380円(税込、送料込)


私は、読んでいない古典が多い。
「伊豆の踊り子」(康成)、「坊っちゃん」(漱石)と並んで親しまれているこの作品。
今になってやっと読んだ。

まず感じたのは、時代に流されない作品というものの重さ。
この作品であれば、今後も読み継がれるのは間違いない。

薄い本だが、野島のウダウダぶりが多くを占めている。
早い話がこうだ。

恋愛とはウダウダである

青春も同じくウダウダだ!


野島が好きな杉子は、実は大宮が好き。
大宮はその気持ちに気がついて欧州へ渡る。
そこに杉子からの手紙が届き、大宮は杉子の想いを受け止める決心をする。

今でも似たような話はあるのだろう。
手紙がメールになったとしても、友情が絶滅したとは思いたくない。

もし、私が大宮だったらどうしたか。
杉子の想いを拒絶し続けた?悩んで自殺した?

多くの読者が「もし自分なら」という問いを思い浮かべたに違いない。
100を超える重版のこの作品。天文学的な数の読者が問いを重ねた。

後半の書簡体は「錦繍」(宮本輝)を思い出した。
だいぶ状況は違っているけれど、「錦繍」もそうだが覚悟を決めた女は強い。

実篤は、「それから」(夏目漱石)を読んで、刺激を受けたという。
残念なことに、私は未読。そのうち読んでみよう。
   
【送料無料】それから改版 [ 夏目漱石 ]

【送料無料】それから改版 [ 夏目漱石 ]
価格:483円(税込、送料込)


漱石で思い出すのは「こころ」
もし、野島が失恋のショックで自殺したら、「こころ」そのものじゃないか。

***********************
関連記事

『友情』 武者小路実篤  

「友情」武者小路実篤

武者小路実篤『友情』

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 08:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382407836
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。