2013年11月29日

「こころ」夏目漱石

恥ずかしながら、この有名な作品を初めて読む。
私にとっては「とっておきの1冊」。
   
【送料無料】こころ改版 [ 夏目漱石 ]

【送料無料】こころ改版 [ 夏目漱石 ]
価格:389円(税込、送料込)


上 先生と私

鎌倉の海岸で知り合った「私」と「先生」。
世の中に出ようとしない「先生」の自宅に何度も通う「私」。

「先生」に何があったのか。時期が来たら話すという。
「私」は郷里の父親が病気なのが気になる。

中 両親と私

大学を無事卒業した「私」。田舎に帰る。
父親の病気は進んでおり、かなり衰える。

卒業祝いをすると言い出す父。
しかし明治天皇が病気となって自粛することに。

そんな中、「先生」から厚い封筒が届く。
急いで汽車に乗り、東京へ向かう。

下 先生と遺書

「恋は罪悪」という「先生」の言葉は何を意味するのか。
遺書でそれが分かる。

学生時代の「先生」は、「K」の窮状を見かねて下宿で一緒に住むようになる。
「K」は僧侶の次男だったが養子となり姓が変わる。

養家からは医者を目指すよう求められるが、「K」は内緒で別の学部に行く。
そのことが発覚し、勘当を言い渡される。

「先生」の下宿先は亡くなった軍人の家で、未亡人の他に娘さんがいる。
「K」と「先生」が「御嬢さん」との三角関係を形成する。
若かった「先生」は、「K」を出し抜いて未亡人に御嬢さんとの結婚を申し出る。

未亡人はこの申し出を承諾。
しかし「K」はその後すぐ頚動脈を切って自殺した。

遺書には「先生」の裏切りについては書いてなかった。
それでも「先生」は罪悪感でいっぱいに。

「K」から御嬢さんへの想いを打ち明けられた際。
「実は私もそうなんだ」と言えればよかった。

しかし、タイミングを失った「先生」は裏切り行為に出る。
若いからどちらも青いなあ。でも、その青さは必要なんだ。

「あの時ああすればよかった」と思う人は、漱石の時代も今も多く存在している。
だからこそ、この作品は生き続ける。

***** **** ***** ****

「先生」が自殺する時期について

「何故今か」という問いは残る。
しかし、「先生」は「K」の死後、いつでも死ねた。
「私」と出会ったことでその時期が来たと考えたのか。

漱石自身は乃木希典大将が明治天皇の死後、殉死したことに触発されたという。
将軍の後追い自殺を「至誠」と表現している。

私にはこの感覚が理解できない。自殺は何の解決にもならない。
しかし、それは私が平成の世に生きているからなのかもしれない。
もし私が明治に生きていたら、乃木殉死を理解できたのかも。

何故、「私」に自分の過去を書き残したのか

まず、「私」が「先生」の過去について質問したことが大きい。
妻にも話せなかったことを、「先生」は話したくて仕方なかった。

もうひとつは、「先生」は「私」の中にかつての自分を見ていたという考え。
これは十分考えられる。

***** **** ***** ****

「精神的に向上心のない者はばかだ」という言葉。
自分が発した言葉で切り返されると辛いなあ。

最初に「とっておきの1冊」と書いた。
いつかは読まねばならない本という意味だ。

よく、「もっと前に読んでおけばよかった」という意見を耳にする。
しかし、私はそう思うことが少ない。

本を読むか否かは運でもある。
運があれば読む。読みたくても読めずにいる本はたくさんある。

この作品、青空文庫でネット上に公開されている。

「こころ」夏目漱石

無料で読みたい人はどうぞ。

***********************
関連記事

Kが自殺した理由 <こころ/夏目漱石>  

ある意味猟奇的で不気味な作品 〜『こころ』 夏目漱石〜

こころ 夏目漱石 著

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 08:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381396245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。