2013年11月13日

「ジュージュー」よしもとばなな

ハンバーグの店が舞台。
よしもとばななの作品は久しぶり。「TUGUMI」「キッチン」以来か。
   

主人公はハンバーグとステーキの店「ジュージュー」の娘、美津子。
養子の進一が店の3代目として継いでいる。

美津子は進一と恋人だったが、妊娠し流産した過去がある。
その後、二人の関係は離れる。進一は足の不自由な夕子と結婚した。

母親は心臓発作で亡くなった。最期まで店に出ていた。
父は、母の死を受け抜け殻のようになった。

ある日、宮坂さんの息子が店に来る。
母親が亡くなったことでハンバーグを前に号泣する。

みんな、何かを失っている。それでも生きている。
ホンワカした世界を描いているだけじゃない。

欠損家族を描かせたら右に出る者がないのが宮部みゆき。
彼女がどうして欠損家族ばかりを選ぶのか、この作品が証明している。

何かを得ると、何かを失う。
分かっているようでいて、人はこのことを理解していない。

町田康の「どうにかなる」という冒頭の詩。
そしてあとがきにある、プリンスの頬にあった「SLAVE」の文字。
「奴隷の自由」とは、普通の人はなかなか書けない。

恥ずかしながら朝倉世界一という人を初めて知った。
「地獄のサラミちゃん」という作品が本当にあるか、検索してみたくらい(汗)。
 
↑売り切れ。
残念ながら、近所の図書館にはなかった。古本屋に行くか。

***********************
関連記事

よしもとばなな「ジュージュー」  

読書ノート: ジュージュー よしもとばなな

よしもとばなな『ジュージュー』

ジュージュー✿よしもとばななを読みました♪

ジュージュー   よしもとばなな

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 08:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/380035839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。