2013年11月08日

「人生論ノート」三木清

薄い本だが、内容はとても濃い。
私は1000年かかってもすべてを理解できないだろう。
   
【送料無料】人生論ノート改版 [ 三木清 ]

【送料無料】人生論ノート改版 [ 三木清 ]
価格:380円(税込、送料込)


「死は観念」、「生とは想像」と述べるなど、多くの箇所が記憶に残る。
例えば、こんな感じ。

「すべての人間の悪は孤独であることができないところから生じる」(P43)

「怒を避ける最上の手段は機智である」(P57)

読書というのはつまみ食いの連続だと私は考えている。
だとしたら、食べ残しがもったいない。そんな本だ。

大学の教養科目で哲学を選択した際、洞窟の比喩というのがあった。
これはプラトンが考えた。

私は三木の主張について、「影」の部分しか理解していないのではないか。
しかも、ごく一部の影を見て理解したつもりになっているのではないか。

最初にも書いたが、1000年かかっても内容をすべて理解できないのかもしれない。
再読が何度も必要だろう。

まずは意味がわからなくても通して読む。
次には意味を調べつつ一行ずつ刻むように読む。そして、内容を疑いつつ読む。

さらに、これらの読み方をミックスして読む。
それでも半分も理解できていないのだろう。

※※※※※ ※※※※ ※※※※※ ※※※※

著者の三木は、京都帝国大学を卒業。ドイツに留学した。
大谷大学、龍谷大学、法政大学などで教えた。

しかし敗戦直後の1945年、仮釈放中の者をかくまったとして身柄を拘束される。
不衛生な環境の刑務所で疥癬にかかり、腎臓病も悪化して48歳で亡くなった。

wikipediaのページによると、この件で治安維持法の急遽撤廃が決まったそうだ。
生きていたら、多くの書物を世に送り出しただろうに。
もったいない。三木氏の命はもちろん、社会的な損失は大きい。

追記 この本、「青空文庫」で公開されている。

人生論ノート(青空文庫)

海外にいても、すぐ読めるというのは便利な世の中なのだなあ。

***********************
関連記事

三木清『人生論ノート』(新潮社)  

難解な、あまりに難解な――三木清『人生論ノート』(新潮文庫)@

人生論ノート(1941)、三木清、新潮文庫、1954

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 08:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379524152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック