2014年04月26日

「慟哭」貫井徳郎

「灰色の虹」「乱反射」「明日の空」の貫井徳郎。
これがデビュー作。

   紫の花

佐伯は警察キャリア官僚で捜査一課長という変わり者。
幼女誘拐殺人事件で陣頭指揮している。

義理の父親が警察庁長官という佐伯。
目撃情報も少なく、捜査は難航する。

もうひとり、松本という男は娘を失い新興宗教にのめりこむ。
両者の話が交互に進行する。

この作品、ネタばれなしに書評を書くのが難しい。
「とにかく読んで!」としか言いようがない。

何故、今になってこの作品を読んだか。
それは、先日手にした週刊誌にこの作品が紹介されていたからだ。

しかも、「イニシエーション・ラブ」(乾くるみ)を紹介する際、本作品のタイトルが出ていた。
早い話、「読んでびっくりの結末」ということが同じだと言いたいのだろう。

再読に値するかという点については、私なら再読しない。
ミステリー作家としての貫井の原点がわかった。それだけで十分。

***** **** ***** ****

作者の貫井はいつも大きなテーマを読者に投げかける。
そして、貫井のもうひとつの特徴は、救いがないこと。

荒さはあるものの、読者が魅力を感じるのは当然だ。
今後も彼の作品に注目したい。

***********************
関連記事

貫井徳郎「慟哭」  

慟哭 貫井徳郎

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 08:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378866670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。