2013年11月14日

「限りなく透明に近いブルー」村上龍

米軍基地のある福生を舞台にした麻薬、セックス、暴力。
芥川賞受賞作としても話題となった。もちろん再読。
   

主人公は米軍基地のある福生に住むリュウ。
仲間たちと薬物を使った乱交パーティーを開いていた。

村上は、実際福生に住んでいたことがある。
そのときの経験をこの作品で表現したらしい。

この作品は、「太陽の季節」(石原慎太郎)と比較されることが多い。
問題児はいつの世も理解されにくい?

wikipediaによると芥川賞の選考では、意見が大きく割れた。
井上靖は息子に提言され、賛成に回ったという。
安岡章太郎の「半票」によって過半数を確保した。

この作品が、文学の大きなテーマである「人とは何か」を表現しているか。
私は否定したい。
井上靖が賛成に回ったことを、後に後悔することはなかったのだろうか。

この作品を読むのは2回目だが、今後は再読の必要がないと考える。
これを読まなくても、何ら損失だと私は感じない。

薬物を使ったセックスや暴力を感情抜きで表現する。
そのことに、どれだけの意味があるのだろう。

鳥がどうしたとか、私にはどうでもいい。
そんなものの解釈をして楽しいと感じる人が信じられない。

なお、この作品は1979年に映画化された。
監督と脚本は村上自身。

しかし、多くの人には受け入れられず惨敗した。
当然の結果だ。村上は、何か勘違いをしていたに違いない。

***********************
関連記事

『限りなく透明に近いブルー』:村上龍  

村上龍『限りなく透明に近いブルー』

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 09:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック