2013年10月14日

「Twelve Y.O.」福井晴敏

コンピュータウィルスを使いアメリカ軍を敵に回す日本人。
福井晴敏のデビュー作を今になって読んだ。
   
【送料無料】Twelve Y.O. [ 福井晴敏 ]

【送料無料】Twelve Y.O. [ 福井晴敏 ]
価格:680円(税込、送料込)


福井作品は「終戦のローレライ」「川の深さは」以来。
この作品は物語が散漫で、感動できなかった。

沖縄から米軍が撤退した。
それは、コンピュータウィルス「アポトーシス2」を使ったテロだった。

ヘリパイロットとして将来を期待されながら、地連で自衛官を募る平。
事故で飛べなくなった彼は、大きなテロ事件に巻き込まれる。

「トウェルブ」と名乗る東馬が指定した場所は、沖縄だった。
日米両軍を交えた戦闘が始まる。

東馬、坂部、理沙と登場人物は多く、描き切れていない。
上手く描けているのは坂部の妻、優子くらいなものだ。

***** **** ***** ****

作者のスケールがいかに大きいか、よくわかる作品。
しかし、描写でなく説明の部分が多いのはがっかり。
後半は読むのに苦労した。

文庫本の解説は大沢在昌。
江戸川乱歩賞受賞の経緯を熱く語っている。

大沢が暑苦しいのか。それとも私が無感動なのか。
この作品を誉めるくらいなら、無感動のままでいたい。

とはいってもこの作家は見切れない物を持っている。
いつか「亡国のイージス」も読んでしまうんだろう。

よく、自衛隊員を募集している地連の前を通り過ぎる。
この作品を読んだ後は、地連の職員が気になって仕方ない。

***********************
関連記事

福井晴敏「Twelve Y.O.」  

福井晴敏『Twelve Y.O.』

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376943740
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック