2013年09月19日

「コールドゲーム」荻原浩

中学時代イジメられた生徒が4年後に復讐する。
ネタばれあり。
   
【送料無料】コールドゲーム [ 荻原浩 ]

【送料無料】コールドゲーム [ 荻原浩 ]
価格:700円(税込、送料込)


荻原の作品は「明日の記憶」「幸せになる百通りの方法」。
誰にも書ける一冊の本」「月の上の観覧車」以来5冊目になるか。

高校3年の夏、光也は甲子園予選で敗退し野球部を引退。
親からは大学受験を薦められる。

そんな中、不良で高校には進学していない亮太から連絡が入る。
中学時代のクラスメートたちが次々に狙われているという。

二人はトロ吉の仕業と判断。
そんな中、清水が中学の校舎から転落死した。

ところが警察は、亮太を疑っている。
次に狙われる人物を特定して張り込む二人。

復讐を行っていたのはトロ吉ではなく、彼の両親だった。
トロ吉はすでに自殺していた。

ルサンチマン(怨恨、憎悪)は深い。
誰かにとっての「忘れていい過去」は、ある人にとって忘れられない。

***** **** ***** ****

文庫本の解説は石田衣良。
浮かれずに何でも同じように書ける萩原のことを「大人の作家」と評している。

「十字架」(重松清)でもそうだが、こうした作品は読者に「消費」される。
そして、問題のイジメは教訓とされることなく放置される。

だからいつまでたってもイジメはなくならない。
これが現実だ。

光也のように「傍観していた罪」を言うのなら。
この世には復讐されるべき人物が山のようにいるはず。
あなたも誰かから復讐されるかもしれない。

***********************
関連記事

コールドゲーム(荻原浩)

荻原浩  「コールドゲーム」  の読書感想。

0828 「コールドゲーム」 荻原浩

コールド・ゲーム / 荻原浩

コールドゲーム/荻原浩

「コールドゲーム」荻原浩

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375206264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。