2013年08月16日

「愛の渇き」三島由紀夫

女の情念を三島が描くとこうなる。
三島4作目の長編。
   
【送料無料】愛の渇き改版 [ 三島由紀夫 ]

【送料無料】愛の渇き改版 [ 三島由紀夫 ]
価格:460円(税込、送料込)


主人公は夫の浮気に苦しむ悦子。
だがその夫はチフスで病死する。

悦子は夫の父、弥吉の家(豊中市米殿村)で暮らす。
弥吉は商船会社の社長を引退した後、この地で農業を営んでいた。

求められるまま、悦子は老いた弥吉に体を許す。
しかし、彼女の目は使用人の三郎に向けられていた。

祭りの夜、弥吉の家で女中をしていた美代が倒れる。
医師は妊娠していることを弥吉や悦子に告げる。

悦子は三郎に、美代が身ごもっている子の父親は誰か訊く。
三郎は自分だと告白する。

悦子は身重の美代を家から追い出す。
そこへ、天理教の大祭から戻ってきた三郎。
弥吉と悦子が大阪を離れる日の前、事件は起きた。

***** **** ***** ****

この作品、三島が聞いた話をベースにしているという。
どこまでが実話で、どこからがフィクションなんだろう。

結末については、賛否両論あるはず。
「こんなのありえない」という人もかなりいるだろう。

本当のところはどうなのか。
同じ環境にいる人が余りに少ない(はず)。全否定することは意味がない。

作家は極限状態にある人を描くほうが楽。
穏やかな一般人の心の内を描くのは、とても難しい。

ひとつ気になるのは、男女の読者で感じ方が違うかどうか。
違うとすればどう違うのか、それが気になる。

***********************
関連記事

「愛の渇き」 三島 由紀夫  

三島由紀夫『愛の渇き』

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 08:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック